新エネルギー新報 ニュース一覧

HOME > 新エネルギー新報 ニュース一覧

新エネルギー新報 ニュース一覧

 
17/12/05 【特 集】 地熱発電のニューカマー
■ 地熱発電、複数のエリアでメガクラスの発電所建設進行中
  2,347万kWの資源活用、さらに数百万kWが上乗せも
■ 第一実業、バイナリー発電設備累計50基超える受注実績
  摩擦ゼロ実現や世界300基以上採用実績システム提案
■ 国際石油開発帝石、国内3道県・インドネシアで地熱開発注力
  10月に新組織も発足し地熱など再エネ事業推進
■ 国書刊行会、弟子屈町で温泉バイナリー発電本格稼働
  米アクセスエナジー製の125kW 設備採用
■ 八千代エンジ、神津島で地熱資源開発事業可能性調査
  実績活かし地熱理解促進事業を全国で展開
■ 九州電力が地熱建設・調査推進、三菱商事や北海道電力と協力
  中部電は青森・長野・新潟で調査/電力各社の地熱動向
17/12/05 【トピックス】 東芝、AI活用した高精度の電力需要予測システムを開発
17/12/05 【ビジネスファイル】 SMK、DC1500V対応PVモジュール用コネクタ製品化
17/11/20 【特集】 台湾の再エネ事情
■ 台湾・蔡英文総統「グリーン産業発展スピードアップが重要」
  台湾で国際グリーン産業展示会開催
■ 台湾の太陽電池、高効率化やアフターサービス充実で各社勝負
  価格攻勢強める中国メーカーとは一線画した戦略
■ 小型風力累計100台販売の台湾企業、空気清浄機などが多数出展
  水資源適切管理、換気など各社推進するIoT導入
■ FIT価格低下でも新設進む太陽光、各地で24円案件浮上
  屋根貸しなど21円以降の案件も事業者決定
■ トーエネック、ドローンによる太陽光パネルEL検査サービス
  屋外で動画による撮影・検査を実現
■ 東芝、フィルム型ペロブスカイト太陽電池で変換効率10.5%達成
  樹脂フィルム基板を採用し安価・フレキシブル
■ サンテック、佐賀市で出力2,740kWのメガソーラーが運転開始
  小型分散パワコンなどコスト削減徹底し完成
■ DIC、鹿島工場で自家消費電力用に1,600kWのメガソーラー建設
  2018年1月竣工、タイでは700kW自家消費設備が完成
■ ソーラーフロンティア、国富工場に生産を集約し事業再編
  2019年末の次世代モジュール投入へ体勢構築
■ PVテクノサイクル、太陽光パネルリサイクル事業開始
  ガラスを割らずに有価物回収
17/11/20 【クローズアップ】 三菱電機、IoT プラットフォーム「INFOPRISM」ソリューション
社会・電力インフラの最適な運用・保全
17/11/20 【統計資料】 電力・ガス取引等監視委員会、自由化に関するアンケート
知識不足がスイッチングの足かせなどと指摘
17/11/05 【エコファイル】 小平・村山・大和衛生組合、小平市でごみ処理施設建設
17/11/05 【ビジネスファイル】 三菱化工機など、群馬県前橋市でメガソーラー運開
17/11/05 【特集】 古くて新しい水力発電
■ 水力発電、FIT買取価格引き上げなど開発推進に向け好材料並ぶ
  2030年エネ需給見通し達成には5,000万kWの導入求められる
■ 長大、フィリピンで小水力発電事業出資・インドネシアでO&M合弁会社
  国内でも新たに事業可能性調査着手
■ 八千代エンジ、長期の発電事業参画含め多様に水力発電展開
  コンサル、O&Mなど国内外で事業実施・検討
■ 明電舎、水力事業が受注好調・売上高目標前倒し達成
  国内外450カ所への設備納入実績
■ リコー、中空プロペラによるマイクロ水力発電研究注力
  最大3kW程度で2018年度発売想定
■ NTN、マイクロ水車で2025年50億円の販売目指す
  東電の独立型電源装置開発事業にも採用
■ 東北電力、岩手・秋田・山形の公営水力発電による電力プラン
  高圧以上の需要家へ4〜6%割引で電力提供
■ 東京電力EP、水力発電のCO2削減価値販売ビジネス開始
  各社は設備更新で発電量底上げ
17/10/20 【特 集】点検・バイオマス産業都市
■バイオマス産業都市、地域内資源による各種エネ供給事業計画浮上
  要望強まる地産地消型モデル
■愛知県半田市、1MW級のバイオガス発電施設建設など構想
  八州建設がSPC設立、2022年頃稼動視野
■平川市、市も出資の6,250kW木質発電などが実現する産業都市
タケエイなどと協力し排熱利用の農業など推進
■加美町、豊富な資源活かしたバイオガス化プロジェクト
  木質の利用拡大へ「薪の駅」構想も
■岩手県一関市、バイオマス産業都市構想でバイオガス発電など4事業推進
  31.6億円の経済波及効果/発電事業は東北電力の入札必要
■隠岐の島町、自営線での町内バイオマス電力地産地消目指す
  480kWの小型設備や3,000kWの発電所建設想定
■北海道、累計13件・31市町村参画のバイオマス産業都市構想採択
  道は60地域での構想など策定目標掲げる
17/10/20 【トピックス】ニチコン、太陽電池/定置型蓄電池/車載電池つなぐシステム
17/10/20 【クローズアップ】住友商事、半田市で7万5,000kWの木質バイオマス発電所稼動
17/10/05 【特 集】国内風力発電の現在
■ 国内風力発電量、336万kW・2,203基まで拡大
  アセス開始案件では2030年目標達成
■ 洋上風力、鹿島港など複数プロジェクトに動き
  レノバは秋田で56万kW の大規模計画
■ 風力発電、ゾーニングやアセス前倒しで導入素早く
  環境省などが早期事業化に向け取り組む
■ アジア航測、空間情報コンサル事業の強み生かし立地調査やアセス提供
  洋上風力へのサービスも拡充
■ 日立パワー、メガソーラーに風車併設で系統連系枠を有効活用
  系統の設備利用率はプラス20%に
■ 北海道電力、東京の調整力活用する風力発電の導入拡大実証
  実証へ合計20万kWの風力発電建設案件が確定
17/10/05 【ビジネスファイル】いちご、昭和村の4万3,440kWメガソーラーが運転開始
17/10/05 【エコファイル】 日立造船、トルコでのごみ焼却発電設備を建設受注
17/09/20 【特集】 環境活動が事業戦略
■ 後藤敏彦氏「ESG投資普及へ適切な情報開示による対話を」
  ESG考慮の資産運用残高1,800 兆円に
■ NEC、2050年エネ使用由来のCO2排出量は実質ゼロ目指す
  再エネは2020年度までに2011年度比の10倍導入目標
■ パナソニック、2016年度1,200万kWhの再エネ導入などの実績
  車載電池注力など低炭素化へ環境ビジョン2050策定
■ NTT東日本、自社排出量の10倍以上のCO2排出削減貢献
  環境目標2030/CO2排出は2008年度比25%減目指す
■ 富士通、2018年度に再生可能エネルギー利用比率6%など目標
  2050年にはCO2排出ゼロへ
■ リコー、パリ協定発効を受けて新たな環境目標を設定
  100%再生エネ調達イニシアチブ参画
■ 積水化学、新環境中計策定〜省エネ目的の設備更新へ投資枠120億円
  国と同様に温室効果ガス2030年度26%削減目指す
■ 富士フイルム、CO2排出量5,000万トン削減貢献など目指す
  2030年度にかけての新CSRプラン
■ オムロン、太陽光関連システムは2020年に累計11.2GW出荷目指す
  20 年度売上目標1兆円/環境活動含む統合レポート2017発行
■ YKKAP、国内製造・営業部門でエネ原単位13.8%削減
  2017年度から新たな環境事業計画
■ 川崎重工、CO2排出や廃棄物ゼロ目指し2050年へ新ビジョン
  2016年度環境活動7.1%コスト削減効果/太陽光発電も実施
■ マツダ、サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030公表
  内燃機関の理想追及しCO2削減
17/09/20 【トピックス】 日新電機、スマートパワコンに1000kW機ラインアップ
17/09/20 【クローズアップ】 千代田化工建設、2020年度に連結純利益200億円目指す
4年で300〜500億投資、再エネ・環境エンジに注力
17/09/05 【特 集】新エネルギーの先端技術
■ 新エネルギー先端技術の実用化へ2050年を見据えた国の戦略
  「2050年あっという間」の声も、開発途中でも事業化支援
■ ペロブスカイト太陽電池で太陽光発電の大幅な低コスト化へ
  安価な製造、劇的な変換効率向上のポテンシャル
■ NEDO、超臨界地熱発電技術の実現可能性の調査に着手
  深度5km程度の約500℃超臨界水用いた地熱発電
■ 富士電機、SiCデバイスでエネルギー・環境事業拡大
  電気自動車用途など新市場視野に
■ 車載向け二次電池はエネルギー密度の向上がカギ
  EVブームを背景に開発進む
■ 海洋エネ、波力195GW・温度差10万TWhなどエネルギー創出期待
  相次ぐ実証設備の稼動
■ 世界の海洋エネルギー、2050年までに300GWの導入見込み
  IEAのフレームワークが新たな報告書公表
17/09/05 【政策・提言】環境省、再生可能エネルギー活用のCO2削減加速化戦略
  地域の豊富な再エネ供給ポテンシャル活用
17/09/05 【ビジネスファイル】 JRE/バイテック、青森県上北郡でメガソーラー稼動
17/08/20 【トピックス】 日本気象協会、世界初の洋上風況観測システムを開発し実証
17/08/20 【ビジネスファイル】 TMEIC、米で工場増設しパワコン生産能力3倍
17/08/20 【特集】 太陽光発電2017年夏
■ 太陽光発電協会、国内2050年200GW導入可能性を指摘
  コスト減や系統整備、電化シフトなどがエンジンに
■ 山本代表「2017 年は前年比より出荷量増加、国内シェア拡大」
  カナディアン・ソーラーが相次ぎ新製品投入
■ 日本でシェア増加、2017年出荷は世界9〜 10GW目指す
  ジンコ・ソーラー 銭晶副会長
■ サンテック、2017年度モジュール出荷前期比50%増の300MW目指す
  三重で23MW・24円案件開発/他社パネル採用サイトO&M受注
■ TMEIC、CIGS太陽電池向けに電極接合装置納入
  超音波接合で接合材料不要、配線工程製造コスト半減
■ 三井化学、部材の知見など活かした太陽光発電コンサル好調
  17年度単年で1GW診断計画/中古発電所売買市場で需要増
■ 双日、2010年より国内外8カ所でメガソーラー運営参画
  チリでは電力卸売市場向けに太陽光電力売電
■ アイテス、屋外太陽光発電点検装置「ソラメンテ」普及注力
  日本IBM発祥の解析・分析技術/都内でセミナー開催
■ ガラスを割らずにパネルリサイクル、PVテクノサイクル
  2017年10月リサイクル事業を開始
■ 英弘精機、最新サーモパイル技術導入日射計など製品紹介
  第12回再エネ世界展示会でプレゼン
■ リチウムイオン蓄電池併設型のメガソーラー、北海道で実績
  採算性厳しい側面も
17/07/20 【特集】 新エネルギーの経営戦略
■ 日立造船、2019年度目標売上高4,300億円などの中期経営計画
  2030年度売上1兆円に向けた布石
■ 住友重機械、2019年度売上目標環境プラ1,500億、全体で8,000億円
  フォスターウィラーCFBボイラ事業買収などで世界に攻勢
■ 大林組、5カ年の中期経営計画で再エネ事業に1,000億円投資
  風力発電に注力、発電事業者にも
■ 日新電機、電力パラダイムシフトの対応ビジネス拡大
  2017年3月期売上高は過去最高
■ 伊藤忠エネクス、2016年度営業利益が過去最高の104億円
  純利益200億円に向けた2年間の中期経営計画
■ イーレックス、3〜4年後に掲げる売上目標1,000億円
  事業環境変化受け中期経営計画見直し
■ 住友大阪セメント、ベトナムのLiB正極材工場増強完了
  発電事業でバイオマス発電に参画
■ 東光高岳、電力業界の投資抑制で3カ年計画を下方修正
  アグリゲーション実証の知見を早期事業化へ
■ 三井化学、2020年度営業利益目標1,250億・3年で3,500億投資枠
  LiB電解液生産増強、太陽光発電所診断事業など注力
■ 積水化学、2019年度売上目標1兆2,000億・営業利益1,200億円
  2020年代2兆円売上目指し新中期経営計画策定
■ 中電工、首都圏受注拡大などで2024 年度目標売上高2,000億円以上
  都市圏売上650 億円などに向けた長期ビジョン
■ トーエネック、2019年度にかけて再エネなどに総額1,000億投資
  目標売上高2,200 億円などの中期経営計画
17/07/20 【トピックス】 エネルギープロダクトなど、千歳市で蓄電池併設メガソーラー
17/07/20 【クローズアップ】 東電など、富士市で地域エネ供給事業に向けて協定締結
岳南鉄道線軌道敷活用の地域電力事業に採択
17/07/05 【特集】 廃棄物発電とリサイクル
■ 廃棄物発電、発電設備所有施設が環境省調査で初の30%超え
  年間81億kWhの電力創出/小規模発電が加速
■ ごみ処理施設エンジ各社の電力小売、地域連携など内容多彩
  AI、ビッグデータなどで設備高度制御も推進
■ 日立造船、熊本で東部環境センター基幹的設備補修工事完工
  パネルボイラ式排熱回収技術導入、206kW発電設備も新設
■ 三井造船、唐津市のごみ処理施設に小規模蒸気発電設備を設置
  電気事業法緩和など活用で小規模発電が可能に
■ 栗田工業、全都清による乾式メタン発酵技術検証・確認が完了
  欧州中心に26施設の稼働実績
■ 新日鉄住金エンジ、リトアニアとスペインで廃棄物発電施設受注
  東南アジアでも環境省事業受託/世界580 基の焼却炉技術納入
■ リサイクル、レアアースは代替材料と回収技術並行で研究
  太陽光、風力の再エネ設備再利用で事業化
■ 民間各社の希土類リサイクル、日立金属は世界初の炭素熱還元法
  三菱マテは年間215万台の家電から希土類もリサイクル
■ アールツーソリューション、より本格的な事業展開へ株式会社化
  4社の強味で太陽電池リユース・リサイクルニーズに一括対応
17/07/05 【エコファイル】 天山地区環境、佐賀・ごみ処理施設建設運営三機工業G
17/07/05 【ビジネスファイル】 大林組、宮崎県日向市で2万4,530kWのメガソーラー
17/06/20 【特集】熱利用 そこに需要があるから
■ 熱利用、1兆kWhのポテンシャルが生む圧倒的エネルギー効率
  再エネ熱は地域のブランド化にも寄与
■ 東京ガス、横浜での異業種連携による熱電供給事業が省エネ大賞
  宇都宮でも3社への熱電供給プロジェクト新たに着手
■ オルガノ、「水熱利用システム」が省エネセンター会長賞
  水の総合エンジ企業が提案する新たな省エネシステム
■ 三井化学産資、森川鑿泉工業所と共同開発の地中熱利用システム開発
  江戸東京たてもの園に採用/掘削30mでも高い採熱性能
■ 新菱冷熱工業、熱電併給プロジェクトの営業強化で新部署
  規制緩和や電力システム改革で商機増に対応
■ ヤンマー、出力25kWのバイオディーゼルコージェネ機器商品化
  2020年度までに200台の販売目指す
■ ZEエナジー、小〜中規模施設向けボイラシステム拡販
  2メーカーのスターリングエンジン採用
■ 大和ハウス/FNJ、エコキュート電力標準化サービス共同開発
  VPP構想にも向けた取り組み
■ パナソニック、独自技術で効率高めCO2冷媒冷凍機世界展開
  欧州では小型機事業2020 年10 億円規模目指す
17/06/20 【トピックス】 冨士色素、シリコン量子ドットの大量生産方法を確立
17/06/20 【クローズアップ】 HDIグローバル、日射不足による売電収入損失を補償
予想売電収入の30%まで補償対応サービス開始
17/06/05 【特 集】 LED照明での攻め方
■ LED照明、省エネのツールから新サービス創出への武器に
  2017年2月LED照明出荷560億1,600万円で前年3%増
■ 三菱化工機、高輝度高所用LED照明ライティアシリーズ展開
  冷蔵倉庫で使用可能など多様なニーズに応えた製品企画
■ アイリスオーヤマ、工場建設や営業拠点各地で拡大
  鳥栖で工場増設し、投資額60億円で12月完成
■ パナソニック、2018年度ライティング事業売上目標4,000億円
  新潟ではベースライトの生産能力年産500万台に強化
■ 大光電機、2017年度売上高420 億円、28億円経常利益目指す
  屋外用照明新たに注力/各地で展示会など開催
■ 欧州メーカー製ハイエンド用途照明の日本展開相次ぐ
  ウシオは2019年度末までに2,000台販売目指す
■ 小糸製作所、2017年3月期売上高前期比3.4%増の8,414億円
  営業利益12%増の925億/車載ランプLED化進展が寄与
■ スタンレー電気、265nm波長で世界最高級出力の深紫外LED
  12月量産開始/世界的な水需要への課題解決へ事業拡大
17/06/05 【エコファイル】 輪島市穴水町衛生組合、輪島市でごみ焼却施設建設検討
17/06/05 【ビジネスファイル】 双日、未来創電上北六ヶ所がメガソーラー完成
17/05/20 【特 集】 環境発電が創出する新たな価値
■ 環境発電、費用削減やデータ活用へ攻めと守りに役立つ技術
  技術普及へ不可欠なサービスマーケットインの発想
■ ハーベスタ技術など日本企業が欧州と比肩した水準に
  NTTデータ経営研究所 竹内敬治氏
■ 音力発電、環境発電分野の多様な研究・製品化重ね10周年
  発電床などによる各種アイデア製品創出
■ 大日本印刷、各種IoTサービスに環境発電取り入れ
  ビーコンによるサービスなどへ環境発電を積極活用
■ 積水化学、熱電、太陽電池など多様な環境発電技術取り揃え
  圧電技術で下水管点検サービス事業を展開
■ 産総研、排熱から発電可能なポータブル熱電発電装置開発
  ヒートパイプによる空冷方式採用
■ ソニックス、環境発電使った汎用型IoTデバイス「FlipCast」
  IoTによる課題解決のカタチ具現化
■ NTT東、圃場センシング技術がJAふくしま未来で採用
  太陽電池によるエナジーハーベスト技術活用
17/05/20 【トピックス】 TMEIC、中国企業から太陽電池の電極接合装置を受注
17/05/20 【クローズアップ】 国のエネルギーベストミックス想定の電力系統運用技術開発着手
東電HD、東光高浜がNEDO事業で
17/05/05 【特 集】 新電力は十人十色
■ 新電力、再生可能エネルギー中心の電力供給など各社多様な事例
  価格競争だけじゃない特色・個性相次ぐ
■ 誰もがお得な料金設定とグループサービス連携で拡大
  東急パワーサプライ 村井健二社長
■ 清水建設、BSP事業推進に向け設計施工施設への電力小売を展開
  年間約1,400 万kWh 供給しノウハウ取得
■ パルシステム電力、再エネ比率高めた電力小売事業注力
  発電産地支援の発想/ 2020 年度に目標契約5万件
■ 東京都環境公社、公社施設へ再エネ由来のFIT電気供給
  みやまスマートエネルギーと連携し需給調整
■ JFEエンジ、アーバンエナジー通じ多彩な新電力事業
  ごみ発電、水力、バイオマス、地域新電力事業も
■ 地域新電力、関西電力関連会社が東近江市公募経て事業検討着手
  日立はシュタットベルケ企業と共同研究/東電・JFEも協力
■ エナリス、2019 年12 月期売上高720 億円・営業利益12 億円目指す
  KDDIとの提携効果など活用/中期経営計画
■ 日本テクノ、2016 年12 月期売上高前期比8%増で500 億円到達
  1995 年設立で電力小売など展開
17/05/05 【ビジネスファイル】 Looop、水戸市で出力8,800kWのメガソーラーが連係
17/05/05 【エコファイル】 北松北部環境組合、平戸市ごみ処理施設基幹的設備改良
17/04/20 【特 集】 太陽光発電、1億kW時代への準備
■ 太陽光発電、入札導入で発電コスト低下へ本格アクセル
  100GW導入など視野に加速する製品や技術開発
■ 三菱電機、産業用太陽光発電システムの自家消費モデル提案
  蓄電システムなど多彩なメニュー組み合わせ
■ シエル・テール、水上太陽光フロート累計85MW販売実績
  自社発電事業も注力しO&Mなど各種ノウハウ蓄積
■ 50kW未満の低圧太陽光発電所向け各種新サービス相次ぐ
  O&Mは安全性確保の観点からもさらに必要に
■ 岡本教授「太陽電池製造エネ、回収期間すでに1年程度実現」
  木更津高専、太陽光発電に関するセミナー
■ 英弘精機、日射計用ヒーター付ファンユニット販売注力
  雪・霜付着防止し寒冷地の日射高精度観測に寄与
■ 農地とパネルで太陽光をシェア、農業の収益安定に貢献
  ソーラーシェアリングは農家を救うか
■ メテオコントロール/サンテック、太陽光遠隔監視機器販売注力
  共同出資会社設立し3年で売上累計10億目指す
17/04/20 【トピックス】 日立化成/日本ガイシ、ドイツでNAS蓄電池システム実証
17/04/20 【クローズアップ】 箱崎地区熱供給C設備改修、熱供給プラント効率30%向上など成果
東電EPなど3社省エネ大賞/20年のデータ分析し設備最適化
17/04/05 【特 集】 バイオマス発電の岐路
■ バイオマス発電、予見可能な再エネとして小売用電源で活躍
  買取価格設定など政策動向注視が不可欠
■ 明電舎、高効率・小型軽量4極突極タービン発電機初号機が稼働
  国内外で18 件、うちバイオマス向けは11 件受注
■ 住友重機、フォスターウィラーGPボイラ企業190 億円で買収
  440缶以上納入実績のCFB技術
■ 輸入木質バイオマス燃料、各社が安定供給へ体制整備布石
  ペレット、PKSに加えEFB取扱事例相次ぐ
■ JR東日本、JFE環境と協力し1,800kW のバイオガス発電事業
  食品廃棄物の活用推進/ 2018 年8月稼動
■ 日立のバイオマス研究推進、竹燃料化へ改質技術開発
  企業・自治体各者が注力する竹の活用
■ 日立製作所、40%の低濃度バイオエタノールによる発電システム試作
  水素・エタノール混合燃焼で発電/MIIAは燃料省エネ製造技術開発
17/04/05 【エコファイル】 泉地域衛生施設組合、五泉市で広域ごみ処理施設建設
17/04/05 【ビジネスファイル】 協和エクシオ、山梨で同社6カ所目のメガソーラー
17/03/20 【特 集】 エネルギー管理の選択肢
■ NEDO、重要分野特定した省エネルギー技術戦略2016策定
  EMSやZEB・ZEHなど
■ デマンドレスポンス活用で電力事業者・受電者にメリット提供
  エナジープールジャパン 市村健 代表取締役社長
■ 電力改革第3弾、卸電力市場活性化や非化石価値取引
  政策委員会で中間取りまとめ
■ ミサワホーム、2020年度までのZEHロードマップ策定
  普及率20%から90%まで拡大
■ 横河電機、積極的なM&Aでエネルギーマネジメント事業拡大
  KBC社とSoteica Visual MESA 社買収完了
■ 竹中工務店、EMSを中核に脱炭素モデル構築を推進
  脱炭素社会到来に向け準備進める
■ 静岡ガスなど、省エネ家電の電気代削減で家電購入実証
  冷蔵庫の月電気代2,000円以上削減
■ パナソニック、食品小売向け冷蔵・冷凍設備効率運用支援
  月額契約で2018年度売上100億目指す
■ 凸版印刷、家庭エネルギーの最適診断サービス提供開始
  過去のデータなくとも消費量推定
■ パナソニック/あわら市、宅配ボックス実証実験中間報告
  設置により再配達率49%から8%に減少
17/03/20 【クローズアップ】 環境省、国内外でのCCS関連の取り組み状況について整理
火力発電の座礁資産化避ける