トップページ雑誌/情報紙産業機械新報>産業機械新報 ニュース一覧

産業機械新報 ニュース一覧

24/06/20 【業界動向】 フォークリフトの世界受注、2023年は前年比4%減の209万台

■地域別~北米市場が2割減
■輸出は3年ぶりの減少
■動力別~出荷停止の影響でディーゼル式が4割減
24/06/20 【建機車両】 コマツ、米国子会社・孫会社の資本関係を再編
24/06/20 【一般機械】 日本製鋼所、中期経営計画を策定~設備投資は大幅増の1,000億円
24/06/13 【建機車両】 タダノ、バッテリー式フル電動RTCが新築マンション建設現場に採用
24/06/13 【一般機械】 工作機械のヤマザキ、ナガセインテグレックスと業務提携
24/06/13 【要素機器】 日東工器、3年間の中期経営計画を策定~設備投資200億円
24/06/06 【業界動向】 日本製ロボット、2023年の受注は前年比24%減の8,434億円
24/06/06 【建機車両】 日立建機、トラック予約受付サービスを国内9拠点に導入
24/06/06 【一般機械】 DMG森精機、5軸加工機の操作等を訓練する研修施設を岡山に完成
24/05/30 【業界動向】 世界の農機市場、インドが好調~日本・韓国・タイ・欧米は低迷
-中国は排ガス規制による駆け込み需要の反動から回復-
■日本~高馬力帯機種が好調
■中国市場の回復は限定的
■韓国~畑作向けは増加傾向
■インド市場の成長続く
■米国の小型トラクタ/欧州の景観整備市場が低迷
24/05/30 【建機車両】 コマツ、油圧ショベル用アタッチメントの情報を見える化
-2025年度の国内市場導入を目指す
24/05/30 【一般機械】 三井物産、岡本工作機械製作所と資本業務提携
24/05/23 【業界動向】 中国の油圧ショベル、4月の販売は前年同月比横ばいの1万8,822台
24/05/23 【建機車両】 加藤製作所、2024年3月期営業益は前期比3割増の16億5,400万円
-連結売上高は前期並みの575億円/次期純利益は公表見送り-
24/05/23 【一般機械】 アマダ、2023年度営業利益は13%増の565億円/1割増収
24/05/16 【建機車両】 コマツ、2023年度の営業利益は前期比24%増の6,072億円
-売上高は9%増の3兆8,851億円/次期は減益を予想-
■建設機械・車両部門の売上高は10%増
■リテールファイナンスと産業機械は増収減益
■2024年度は減収減益を予想
24/05/16 【一般機械】 川崎重工の精密・ロボ事業、2024年3月期は事業損失を計上
-売上収益は10%減の2,279億円/次期は増収黒字化を計画-
24/05/16 【海外企業】 徐工机械、2023年12月期の営業利益は前期比11%増の56億4,000万元
-連結売上高は1%減の928億元/次期は5%以上の増収を計画-
24/05/07 【建機車両】 クボタ、農機の生産体制強化~インドで4番目の生産拠点を建設
-タイでエンジンの増産投資/米国の製造子会社を統合-
■インドの2022年度トラクタ販売が過去最高に
■インドでの年産能力を40万トンへ倍増
■タイで農業機械搭載用エンジンを増産
■米国の製造子会社を統合
■フランスの出資先とブドウ農園軽労化・農薬削減で協業
■自動運転/電動化/スマート農業の開発を推進
24/05/07 【一般機械】 ファナック、2024年3月期の営業利益は前期比26%減の1,419億円
-連結売上高は7%減の7,952億円/次期予想7,460億円-
24/05/07 【海外企業】 ドイツ、2023年12月期のEBITは3割増の1億2,350万ユーロ
-売上高は9%増の20億6,320万ユーロ/次期21億ユーロ予想-
24/04/25 【業界動向】 工作機械、2023年度の受注高は前年度比15%減の1兆4,531億円
-3月の受注高は前年同月比4%減の1,356億5,000万円-
24/04/25 【建機車両】 竹内製作所、2024年2月期の営業利益は353億円で最高を更新
-利益は各段階で最高を更新/次期売上高は7%増を計画-
24/04/25 【一般機械】 DMG森精機、伊賀事業所「第3精密加工工場」が稼働開始
24/04/18 【業界動向】 FA機器各社、アジア展開を加速~中国・マレーシア・印に新工場
-シンガポール企業に資本参加/韓国・台湾企業と協業-
■三菱電機がインド西部でFA制御システム工場を建設
■CKDがマレーシアに新工場
■NITTOKUが江蘇省に工場/フィリピンに販社を新設
■フジ矢がベトナムのFA装置市場に参入
■ミスミがインド南部で支店を開設
24/04/18 【建機車両】 技研製作所、2024年第2四半期の営業利益は前期比13%増の24億円
-売上高は4%増の155億3,500万円/通期売上高300億円を計画-
24/04/18 【一般機械】 安川電機、2024年2月期の営業利益は前期比3%減の662億円
-売上収益は4%増の5,757億円で2年連続最高を更新-
24/04/11 【建機車両】 日立建機、EIZO等とショベル向け遠隔操作ソリューションを開発
-遠隔操作時の操作性と作業効率を向上
24/04/11 【一般機械】 ダイヘン、ロボットSIerの蘭ローラン・ロボティクスを買収
24/04/11 【要素機器】 島津製作所、EVトラック用電動油圧システム「e-Hydro」を開発
24/04/05 【業界動向】 フォークリフト、2023年の国内市場は前年比11%減の7万3,678台
-7年ぶりの8万台割れ~エンジン車の販売減が影響-
■国内市場は7年ぶりの8万台割れ
■業種別販売構成はバッテリー式・エンジン式ともに運輸がトップ
24/04/05 【建機車両】 日立建機、カナダで米州向け鉱山用ダンプトラックを現地生産
-米州事業の独自展開を加速-
24/04/05 【一般機械】 オークマ、愛知・江南工場でエンジニアリングセンターなど建設
24/03/28 【業界動向】 ブロー成形機、2024年の市場規模は前年比12%増の262億円
-産機工の「プラスチック機械産業の市場動向調査」より㊦-
■押出ブローの2024年市場規模は前年並みの43億円
■射出ストレッチブロー・リヒートブローは国内・輸出ともに増加
24/03/28 【海外企業】 独キオン、2023年12月期営業利益は前期比2.7倍の8億ユーロ
-純利益も3倍増/連結売上高は3%増の114億ユーロ-
24/03/28 【建機車両】 ボルボ・グループ・ジャパン、20トン級電動ショベルを日本に導入
24/03/21 【業界動向】 押出成形機、2024年の市場は前年比微増の492億円と予想
-産機工の「プラスチック機械産業の市場動向調査」より㊥-
■機種別動向
■2025年の市場は前年比微増の495億円
24/03/21 【建機車両】 日立建機子会社の豪ブラッドケン、太陽光・風力発電事業者に出資
-印コインバトール工場の8割を再生可能電力に切り替え-
24/03/21 【海外企業】 独ボッシュ レックスロス、欧米各地の工場で生産能力を増強
-生産最適化と輸送距離短縮で納期短縮-
■スロベニアに建機電動化関連製品の新工場を建設
■メキシコにも自動化製品と油圧機器の新工場を建設
■ドイツ本社工場は産機用油圧に1.3億ユーロ投資
■鋳造工場にも4,000万ユーロ投資
24/03/14 【業界動向】 鍛圧機械、アマダがアジアの売上高を8年間で8割増~工場増設
-アイダエンジは高速プレス機の売上高を3年間で倍増-
24/03/14 【建機車両】 タダノ、中計「24-26」を策定~脱炭素化を加速、高所作業車を強化
-AC開発・生産を最適化/2026年売上高3,300億円目標-
24/03/14 【要素機器】 川崎重工とSymbio、燃料電池システムの共同開発で覚書を締結
24/03/07 【業界動向】 鍛圧機械、アマダがアジアの売上高を8年間で8割増~工場増設
-アイダエンジは高速プレス機の売上高を3年間で倍増-
24/03/07 【建機車両】 日立建機、バリューチェーン事業を強化拡大し業績の安定化図る
-部品再利用量を3年間で4割増、保証付き中古車は10%増-
24/03/07 【一般機械】 住重、AGV・自律ロボ用ドライバ「smartris」にコンパクト機種を追加
24/02/29 【業界動向】 建設機械、2024年度の出荷金額は0.3%増の3兆3,291億円を予想
-本体出荷が3年連続3兆円突破~資材調達不安が解消-
■2023年度の出荷は前年度比9%増の3兆3,178億円
24/02/29 【建機車両】 クボタ、ラジャスタン州に農業機械新工場を建設
24/02/29 【海外企業】 英CNHi、2023年12月期の営業利益は前期比1%増の27億ドル
-連結売上高は5%増の247億ドル-
24/02/22 【業界動向】 産業機械、2023年の受注高は前年比6%増の5兆5,504億円
-2年ぶり増加/内需は3年連続前年比プラス-
■内需は15%増の3兆8,758億円
■外需は9%減の1兆6,745億円
■12月の受注高は前年同月比45%増の7,359億円
24/02/22 【建機車両】 タダノ、「中期経営計画(24-26)」~ドイツを2工場に再編
-コロナ渦で需要低迷し黒字化計画に遅れ/早期収益化-
24/02/22 【要素機器】 THK、2023年12月期の営業利益は前期比31%減の237億円
-連結売上高は11%減の3,519億円/次期も減収減益予想-
24/02/15 【一般機械】 DMG森精機、2023年12月期の営業利益は前期比31%増の542億円
−連結売上収益は14%増の5,395億円/次期5,400億円を計画−
24/02/15 【建機車両】 コベルコ建機、4次規制適合ラフテレーンクレーンを発売
24/02/15 【海外企業】 米CAT、2023年12月期の営業利益は前期比64%増の130億ドル
−連結売上高は13%増の671億ドル/次期売上高は横ばい予想−
24/02/08 【業界動向】 建設機械、2023年(暦年)出荷は前年比13%増の3兆7,912億円
−12月の出荷金額は前年同月比0.1%増の3,394億円−
24/02/08 【建機車両】 コマツ、2023年4~12月期営業益は前年同期比3割増の4,534億円
−連結売上高は10%増の2兆7,950億円/通期予想を上方修正−
24/02/08 【一般機械】 芝浦機械、4~12月期営業利益は2.9倍の97億円~売上24%増
24/02/01 【業界動向】 工作機械、2023年の受注高は前年比16%減の1兆4,865億円~史上7位
−12月の受注高は前年同月比10%減の1,270億8,800万円−
■内需は2割減で3年ぶり5,000億円割れ
■外需は13%減だが3年連続1兆円台をキープ
■機種別受注動向
■受注残高
24/02/01 【建機車両】 コマツとGM、水素燃料電池を動力源とするマイニングダンプで協業
24/02/01 【一般機械】 東洋機械金属、4~12月期営業損益は3億円の赤字~17%減収
24/01/25 【業界動向】 急成長するインドの工作機械産業、日本製切削機械ニーズが拡大
−ヤマザキ/牧野/ブラザー/三菱電機/ツガミが現地生産を強化−
■急成長するインドの工作機械市場~半数以上は輸入に依存
■輸入先国は中国と日本が突出~機種別ではプレスとMCが好調
■日本は切削機械で高いシェア~「日本製MCのニーズはさらに拡大」
■相次ぐ日系勢による現地生産強化
24/01/25 【建機車両】 日立建機、フル電動ダンプの試験機をザンビアの鉱山現場に出荷
−2024年半ばから実証試験を開始−
24/01/25 【要素機器】 不二越、2023年11月期の営業利益は3割減の119億円
−連結売上高3%増2,655億円/次期は減収を予想−
24/01/18 【新年特集】 機械工業関連団体の「年頭所感」にみる2024年の展望
24/01/18 【業界動向】 中国の機械市場、3製品ともに調整局面へ突入~製販体制再編
−日系工作機械メーカーの中国投資は2023年も旺盛−
24/01/18 【建機車両】 日立建機、中小型油圧ショベル「ZX160LC-7/ZX240-7」の受注を開始
24/01/11 【新年特集】 コマツの小川社長、2023年の事業を総括し2024年の展望を語る
−「新春向け合同取材会」より−
24/01/11 【建機車両】 日立建機、「ZERO EMISSION EV-LAB」を千葉県市川市に開設
24/01/11 【一般機械】 住友重機械、オランダに欧州本社統括拠点を新設
23/12/21 【業界動向】 産業用ロボ、アジアの2026年設置台数は54万台に~2022年比33%増
−世界市場の75%を占有/世界の設置台数は72万台へ3割増−
■中国の設置台数が5%増加
■安川電機が江蘇省にロボット部品工場
■ローツェが上海市で搬送装置工場を新設
■東芝インフラシステムズが江蘇省企業に出資
■THKが産業機器事業の生産能力を1割強増強
■日本トムソンが江蘇省でニードルベアリングを増産
■日本は9%/韓国は1%増
■業務用サービスロボット市場も好調
23/12/21 【建機車両】 コマツと米GM、ダンプトラック向け水素燃料電池を共同開発
23/12/21 【一般機械】 牧野フライス、富士吉田工場に新生産棟~210億円投資
−工程間物流を最適化・自動化で生産性を最大化−
23/12/14 【業界動向】 中国の油圧ショベル、2023年11月販売は前年同月比37%減の1万4,924台
−1~11月累計は前年同期比27%減の17万8,320台−
23/12/14 【建機車両】 コマツ、豪の建設・鉱山機械運行管理システム業者を買収
23/12/14 【要素機器】 人機一体、油圧シリンダの代替可能な電動シリンダ試作機を開発
−椿本チエイン・タダノと共同/電動化でロボット重機を実現−
23/12/07 【業界動向】 要素機器メーカーのアジア投資が活況~仕向け先の需要拡大睨む
−中・越・タイ・印で増産投資/統括本社・研究開発拠点拡張−
■2024年から成長軌道に回帰
■ツバキ・ナカシマがタイでセラミックボールを増産
■THKが中国の生産能力を1割強増強
■日本トムソンが江蘇省でニードルベアリングを増産
■日本精工が江蘇省の統括本社・研究開発拠点を拡張
■三菱電機が韓国企業に出資~ACサーボ事業を強化
23/12/07 【建機車両】 コマツ、ハイブリッドショベル用コンポーネント再生事業を開始
−バリューチェーンビジネスを進化させて成長図る−
23/12/07 【一般機械】 アマダ、4~9月期営業利益は15%増の273億円/10%増収
23/11/30 【業界動向】 プラ加工機各社、中印で積極投資~生産・研究・サポート体制強化
−中国で現地生産を開始/インドで整備機事業の参入を計画−
■中国市場は2024年から回復
■インド市場は当分の間高成長を維持
■日精樹脂が浙江省に中国2番目の生産拠点
■ソディックが広東省に技術サポート・アフターサービス拠点
■東洋機械金属が江蘇省に第3工場と研究棟
■芝浦機械がインド第2工場を建設
■日精ASB機械がインド法人の生産基盤を強化
23/11/30 【建機車両】 古河機械金属・機械部門、2023年4~9月期営業益は4割増の46億円
−売上高は横ばいの403億円/通期売上高は5%増の856億円を予想−
23/11/30 【一般機械】 日精ASB機械、2023年9月期営業利益29%増/15%増収
23/11/16 【業界動向】 中国の油圧ショベル、10月の販売は前年同月比29%減の1万4,584台
−1~10月累計は26%減の16万3,396台−
23/11/16 【建機車両】 コマツと三井物産、ペルーの鉱山機械販売サービス子会社を統合
−ペルーの合弁会社とも統合して南米で鉱山機械事業を強化−
23/11/16 【一般機械】 川崎重工の精密・ロボ事業、2023年4~9月期の事業損失は46億円
−売上収益は横ばいの1,176億円/通期2,300億円で黒字化を計画−
23/11/09 【建機車両】 クボタと住友建機 ショベルの相互供給で具体的な検討を開始
23/11/09 【一般機械】 ジェイテクト、2023年4~9月期の事業利益は7割増の135億円
−連結売上収益は前年同期比15%増の9,222億円−
23/11/09 【業界動向】 工作機械メーカー各社、アジアで販売支援施設を相次ぎ新設
−2023年は中印で3施設開設−中長期的な需要拡大睨む−
■2022年にアジア受注が5,500億円を突破
■ブラザー工業がインドにアフターサービス拠点
■シチズンマシナリーがタイにショールーム棟
■ソディックが広東省に技術サポート・アフターサービス拠点
■スター精密が上海市にソリューションセンター
■ニデックマシンツールがインドにショールーム
23/11/02 【建機車両】 コマツ、2023年4~9月期の営業利益は前期比40%増の2,970億円
−連結売上高は1.8兆円/通期売上予想を3.7兆円に上方修正−
■建設機械・車両のセグメント利益が5割増
■リテールファイナンス部門のセグメント利益は13%減
■産業機械他部門、半導体需要減少で減益
■通期業績予想を上方修正
23/11/02 【一般機械】 東洋機械金属、4~9月期営業利益ほぼゼロ~通期予想を下方修正
23/11/02 【海外企業】 英パーキンス、マルチ燃料ハイブリッドソリューションを開発
−オフロード車両のエネルギー転換を支援−
23/10/26 【業界動向】日系のロボット各社、アジア展開を加速~中国とベトナムに新工場
−シンガポールとマレーシアで現地法人設立/韓国企業を買収−
■アジアのロボット密度が年率18%のペースで拡大
■安川電機が江蘇省にロボット部品工場
■ローツェが上海市で搬送装置工場を新設
■ヤマハ発動機がシンガポールに営業拠点
■東芝インフラシステムズが江蘇省企業に出資
■サイバーダインがマレーシアで現地法人を設立
■建ロボテックがシンガポールに海外初拠点
■メディカロイドがシンガポールで手術支援ロボットを販売
23/10/26 【建機車両】コベルコ建機、レンタル・中古車販売事業の強化狙いグループ再編
23/10/26 【一般機械】芝浦機械、全電動式射出成形機に型締力3,000トンの最上位機種を追加
23/10/19 【業界動向】 中国の油圧ショベル、9月の販売は前年同月比33%減の1万4,283台
−1~9月累計は26%減の14万8,812台−
23/10/19 【建機車両】 竹内製作所、2023年3~8月期の営業利益は8割増の170億円
−連結売上高は22%増の1,052億円/通期予想を上方修正−
23/10/19 【一般機械】 安川電機、2023年3~8月期の営業利益は6%増の331億円
−連結売上収益は10%増の2,890億円/通期予想5,800億円−
23/10/12 【業界動向】 世界のロボット設置台数、2022年は前年比5%増の55万3,052台
−中・日・米・韓・独の上位5カ国で8割占める/IFR調査−
23/10/12 【建機車両】 コマツ子会社、運土作業に特化したシミュレーションの提供を開始
23/10/12 【一般機械】 住重、全電動射出成形機「SE-EV-Sシリーズ」9機種を発売
23/10/05 【業界動向】 油圧ショベル3社、アジア事業再編~中国での事業環境悪化に対応
−中国の製販体制を見直し/ASEAN・印の事業基盤を強化−
■中国需要が2021年春以降急減
■日立建機が中国販売統括会社を設立
■住友重機械がインドネシア第2工場を稼働
■コベルコ建機が中国工場を集約
23/10/05 【建機車両】 コマツ、電動ショベルの系列拡大により早期の市場形成を目指す
−500㎏のマイクロショベルと3トン級ミニショベルを市場導入−
■電動マイクロショベルの系列を拡大
■リチウムイオン電池搭載電動ミニ「PC30E-6」