トップページ雑誌/情報紙重化学工業新報>重化学工業新報 ニュース一覧

重化学工業新報 ニュース一覧

24/07/16 【注目プロジェクト】 川重中国合弁の上海海螺川崎工程など、タイのごみ焼却発電計画受注
-タイ・エコプラントサービシーズと/ガルフから-

川崎重工業と中・海螺(CONCH)グループの合弁会社である中・上海海螺川崎工程(Shanghai Conch Kawasaki Engineering)はこのほど、タイ・エコプラントサービシーズ(Eco Plant Services)と共同で、タイ・ガルフリニューアブルエナジーから、タイ・チェンマイ県で計画中のごみ焼却発電(WTE)プラントの建設プロジェクト「CM WTEミュニシパルウェイスト・トゥー・エナジープロジェクト」を受注した。
24/07/16 【エネルギー・化学】 韓サムスンC&T、韓国初のアンモニア輸入ターミナルを受注
-韓国南部発電より、混焼発電用-

日韓サムスンC&Tはこのほど、今年初めに韓国初の混焼発電用のアンモニア輸入ターミナルの建設プロジェクトを受注したと発表した。
24/07/16 【製鉄・非鉄】 プライメタルズ、フィンランドのグリーン製鉄所向け設備受注有力
-ブラスターから/水素DRIプラントはミドレックスと共同で-

プライメタルズテクノロジーズは、フィンランドの製鉄事業者であるブラスター・グリーンスチール(Blastr)がフィンランドで計画しているグリーンスチール製鉄所の建設プロジェクト向け製鋼設備の受注が有力となっている。
24/07/12 海外プロジェクト概況−INTERNATIONAL PROJECTS SUMMARY−
《エネルギー・化学分野》

■東アジア…中国/韓国
■東南アジア…ベトナム/タイ/マレーシア/シンガポール/インドネシア
■南西アジア…インド
■中近東…イラク/サウジアラビア/クウェート/カタール/UAE/オマーン
■アフリカ……エジプト/アルジェリア/モロッコ/セネガル/ナイジェリア/コンゴ共和国
アンゴラ/モザンビーク
■北中南米…カナダ/米国/米国~メキシコ/ガイアナ/ブラジル/ペルー
■大洋州…豪州/ニュージーランド/パプアニューギニア
■欧州…英国/ドイツ/オランダ/ポルトガル/トルクメニスタン
24/07/09 【交通システム】 フィリピンの高規格道路整備計画、円借款決定に向け最終協議
-全長65㎞区間にループ橋・長大橋を建設-

フィリピン公共事業道路省(DPWH)は、フィリピン南部のミンダナオ島における高規格道路整備プロジェクトについて、円借款による資金調達を目指す。
24/07/09 【ごみ発電】 日造、グループのHZIがバイオガス事業に注力
-EU域内のエネルギー転換計画に対応-

日立造船のグループ企業で、スイス現地法人のHitachi Zosen Inova(HZI)は、EUのエネルギー転換計画(REPowerEU)でのバイオガス施設の大幅増設計画に対応し、自社保有・運営事業の拡大に伴い、液化バイオガス・液化CO2・バイオメタネーションなどの周辺設備・事業も拡大している。
24/07/09 【電力】 ウズベク・ナヴォイGTCC4号機増設、具体化へ検討続く

ウズベキスタン国営発電会社はナヴォイ火力発電所のガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)発電設備4号機の増設プロジェクトについて、具体化に向けて現在も検討を続けているもようだ。
24/07/05 【エネルギー・化学】 サウジARAMCO、ガス開発で250億ドルの契約を発注
-ジャフラーⅡは現代建設、マスターガス拡張はCPECなど-

サウジアラビア国営石油会社ARAMCOはこのほど、総額250億ドルのガス開発プロジェクトを発注した。一連の契約の中で、ジャフラーⅡガスプロジェクトは韓・現代建設、マスターガスシステム第3フェーズ拡張プロジェクトは、中CPECなどが受注した。
24/07/05 【電力】 英ピーターヘッドガス火力発電所建設計画、FEEDを実施中
-今年末までのFEED進捗、英国政府との協議進展を視野-

英エス・エス・イー・サーマル(SSEサーマル)~ノルウェー・エクイノールは現在、英国・スコットランドでCO2回収システム併設型ガス火力発電所「ピーターヘッドカーボンキャプチャーパワーステーション」の建設プロジェクトについて、FEED(基本設計)を続けている。
24/07/05 【交通システム】 日立製、米ワシントン首都圏で最新の鉄道車両工場をほぼ完工

日立製作所(以下、日立)は、米国ワシントン首都圏の北部において最新の鉄道車両製造工場をほぼ完工させた。正式な開業は2025年前半を予定している。約7,000万ドルを投資し、2022年秋から本格的に着工していた。地下鉄車両の製造能力は、月産最大20両。フル操業後の予定従業員は460人。米国の鉄道ビジネスの中心と戦略的に位置付ける。
24/07/02 海外プロジェクト概況 −INTERNATIONAL PROJECTS SUMMARY−
《企業別・受注・応札案件リスト》

IHI/伊藤忠商事/川崎重工業/神戸製鋼所/JFEエンジニアリング/住友商事
双日/千代田化工建設/東芝/東洋エンジニアリング(TOYO)/豊田通商
日揮グローバル/日鉄エンジニアリング/日立製作所/日立造船/富士電機
プライメタルズテクノロジーズ/丸紅/三井海洋開発(MODEC)/三井物産
三菱ジェネレーター/三菱重工業/三菱商事/三菱電機
24/06/28 【注目プロジェクト】 サウジ、大型肥料プロジェクトに4グループが応札
-TOYO~日揮グローバル~韓・現代建設など-

サウジアラビアのSABIC Agri-Nutrientsが、アルハイル地区で計画するSANⅥ肥料プラント建設プロジェクトには、現在、東洋エンジニアリング(TOYO)~日揮グローバル~韓・現代建設など、4グループが応札している。
24/06/28 【エネルギー・化学】 サウジ・ホライゾンⅡアンモニア製造プロで、近くFEED入札
-大型燃料アンモニア製造プロが具体化へ-

サウジアラビアのアルハイル地区で、SABIC Agri-Nutrients社が計画するアンモニア製造プラントの建設プロジェクト(ホライゾンⅡ)のFEED入札が近く実施されるもよう。
24/06/28 【電力】 サウジの4大型ガス火力発電所建設、主要コントラクターが決まる
-ガスタービンはGEベルノバ、シーメンスエナジーが受注-

サウジアラビアで計画中の4つの大型ガス火力発電所「タイバ1ガス火力発電所」および「カシム1ガス火力発電所」、「タイバ2ガス火力発電所」、「カシム2ガス火力発電所」の建設プロジェクトの主要コントラクターが決まった。
24/06/25 【エネルギー・化学】 沈黙を守る、SABIC AN計画の2プロジェクト
-期待は高まれども、入札は未公示-

サウジアラビアのSABIC Agri-Nutrients社(SABIC AN)がサウジアラビアのアルハイル地区で計画する2件のプロジェクトだが、いずれも入札は未公示だが、期待は高まる。
24/06/25 【交通システム】 DOTr、マニラ地下鉄の土木計3工区で7月にも価格開札へ
-東急建設、西松建設、清水建設、竹中土木、大成建設等-

フィリピン運輸省(DOTr)は、フィリピンのマニラ首都圏地下鉄整備プロジェクトのフェーズ1における土木工事の計3工区の入札について、7月にも価格を開札する。現在、技術評価の最終化を行っている。
24/06/25 【電力】 湾電力・大林発電所の石炭・アンモニア混焼、FS開始
-IHI・住友商事・台湾電力が推進-

IHIと住友商事、台湾電力の3社は、台湾電力・大林発電所(台湾・高雄市)の石炭火力発電設備におけるアンモニア混焼について、具体化に向けた事業化調査(FS)を開始した。
24/06/21 海外プロジェクト概況 −INTERNATIONAL PROJECTS SUMMARY−
■製鉄・非鉄分野
 東アジア…中国/韓国/台湾
 東南アジア…ベトナム/タイ/インドネシア
 南西アジア…インド/
 中近東…イラク/サウジアラビア/バーレーン/UAE/オマーン/トルコ
 アフリカ…南アフリカ
 北中南米…カナダ/米国/メキシコ/ブラジル/チリ
 大洋州…豪州/ニュージーランド
 欧州…英国/フランス/ドイツ/オランダ/ベルギー/オーストリア/ルクセンブルク/スペイン
 イタリア/スウェーデン/フィンランド/セルビア
 NIS…ウクライナ
■通信分野
■その他分野
24/06/18 【注目プロジェクト】 日揮グローバル、ルワイスLNGプロジェクトを正式契約
-ADNOCから、3月にアーリーワークを受注-

仏テクニップエナジーズ~日揮グローバル~現地NPCCのジョイントベンチャーはこのほど、アブダビ国営石油からルワイスLNGプラント建設プロジェクト(480万t/y×2系列)を正式に受注した。
24/06/18 【エネルギー・化学】 JFEエンジ~五洋建設、ベトナムから粗MDIスプリッターを受注
-東ソーベトナムポリウレタン社から-

JFEエンジニアリング~五洋建設のコンソーシアムはこのほど、東ソーのベトナム現地法人である東ソーベトナムポリウレタンから、バリアブンタウ州フーミー3工業団地に建設する粗MDIスプリッターのEPCを受注した。
24/06/18 【電力】 エンタジー、米テキサス州に2つの水素対応型ガス火力発電所建設
-総発電出力1.2GW/レジェンド発電所・ローンスター発電所-

米国の大手電力会社であるエンタジーコーポレーションは、米国・テキサス州に2つの水素対応型ガス火力発電所「レジェンド発電所」および「ローンスター発電所」を建設する。これらの総発電出力は1,207MW(約1.2GW)で、総投資額は22億1,300万ドル。
24/06/14 海外プロジェクト概況−INTERNATIONAL PROJECTS SUMMARY−
《交通システム分野》
■鉄道分野
 アジア
 中近東・アフリカ
 米州・欧州・他
■空港分野
■港湾分野
■道路・橋梁分野
24/06/11 【エネルギー・化学】 三井E&S、SAF製造設備向けレシプロコンプレッサ2台を受注
-タイBSGF向けをTTCL経由で-

三井E&Sはこのほど、タイTTCLが建設中の、タイで初となる廃食用油を原料とするSAFの大規模製造プラント向けにレシプロコンプレッサ2台をタイTTCLから受注した。
24/06/11 【電力】 三菱重工~コンサグ、ブラジルの大型ガス火力発電所建設受注
-NFEと正式契約締結/三菱重工がガスタービンを供給-

三菱重工業~ブラジル・コンサグ(CONSAG:CONSAG Engenharia)は、米ニュー・フォートレス・エナジー(NFE)から、ブラジルで計画中の大型ガス火力発電所「ポルトセム火力発電所(UTEポルトセム)」の建設プロジェクトを正式受注した。
24/06/11 【交通システム】 印チェンナイメトロの車両・基地設備供給、2グループが応札

印チェンナイ交通公社(CMRL)はこのほど、インド南部のタミルナードゥ州におけるチェンナイ都市高速鉄道(チェンナイメトロ)3号線・5号線新設プロジェクト向けとなる鉄道車両および車両基地施設の供給パッケージについて、国際競争入札を締め切った。
24/06/07 【エネルギー・化学】 ADNOC、米リオグランデLNGからLNGを20年間引き取り
-リオグランデLNGプラントの第4系列から190万t/y-

ADNOC(アブダビ国営石油)はこのほど、米ネクストディケイド社のリオグランデLNG基地から190万t/yのLNGを20年間に渡って、引き取る契約を締結した。同時に、ADNOCはリオグランデLNG社の株式11.7%を取得、この投資はADNOCにとって、初の米向け投資になる。
24/06/07 【電力】 関電など出資の国光電力、台湾・ガス火力発電設備増設検討続く
-1,250MWのGTCC発電設備増設-

関西電力~台湾中油(CPC)~台湾汽電が出資している台湾の独立発電事業者(IPP)である国光電力は現在、台湾・桃園市亀山区で計画しているガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)発電設備の増設プロジェクトを検討中。
24/06/07 【製鉄・非鉄】 プライメタルズ、中・宝鋼湛江鋼鉄向け連続鋳造機を受注

プライメタルズテクノロジーズはこのほど、中国宝武鋼鉄集団傘下の中・宝鋼湛江鋼鉄から、中国・広東省湛江市の工場向けに2ストランド湾曲連続鋳造機を受注した。
24/06/04 海外プロジェクト概況−INTERNATIONAL PROJECTS SUMMARY−
《電力分野》
■東アジア…香港/韓国/台湾
■東南アジア…ベトナム/カンボジア/タイ/マレーシア/シンガポール/フィリピン/インドネシア
■南西アジア…インド
■中近東…サウジアラビア/クウェート/カタール/バーレーン/UAE
■アフリカ…シエラレオネ/ナイジェリア/ケニア/コンゴ民主共和国/モザンビーク/マダガスカル
■北中南米…カナダ/米国/メキシコ/ブラジル
■大洋州…豪州/ニュージーランド
■欧州…英国/アイルランド/フランス/ドイツ/スペイン/オランダ/スウェーデン/ノルウェー/ポーランド/ハンガリー/チェコ/ルーマニア/ブルガリア/エストニア
■NIS…ウクライナ/カザフスタン/タジキスタン/ウズベキスタン
24/05/31 【エネルギー・化学】 東ソー計画の粗MDIスプリッターの建設が本格化
-JFEエンジ~タイMitr Project ServicesがEPCを実施-

東ソーがベトナムで計画している粗MDIスプリッターの建設プロジェクトが本格的に始まった。プロジェクトを受注したのは、JFEエンジニアリング~JFEプロジェクトワン(JPO)~タイMitr Project Services。
24/05/31 【電力】 JERA検討のベトナム・ギソンガス火力発電事業、プレFS終了
-具体化へ検討続く-

JERAはベトナム・タインホア省のギソンガス火力発電所建設・運営事業について、プレFS(事前事業化調査)を終了した。現地企業のソビコと共同で取り組んでおり今後、具体化に向けた検討を進める。このプロジェクトは、総発電能力1,500MWのガス火力発電所を建設・運営するもの。
24/05/31 【製鉄・非鉄】 共英製鋼、米国子会社の製鋼工場で設備リプレースを検討中
-新中計の3か年で北米事業に約600億円投資計画-

共英製鋼は現在、米国子会社のビントン・スチールの製鋼工場(米国・テキサス州エル・パソ郡ビントン)で生産設備全体のリプレース(更新)工事の検討を進めている。詳細は現時点で決まっていないが、設備老朽化対応としての生産性・環境性向上と能力増強を視野に入れる。
24/05/28 【エネルギー・化学】 2023年度、北米のLNGプロジェクトが活発に推移
2023年度のエネルギー・化学分野の動向は、大きく分けて、二つの特徴がある。一つは、わが国の有力エンジニアリング企業である、日揮と千代田化工建設の両グループが豊富な実績を持つLNGプロジェクトのFID(最終投資決定)案件が少なかったことだ。
24/05/28 【電力】 ガス火力・地熱・送変電の投資が2023年度も続々具体化
2023年度の電力分野を振り返ると、世界で天然ガス焚き火力発電、地熱発電、送変電のプロジェクトが続々具体化する中、日本企業関連の受注が見られた。
24/05/28 【交通システム】 日立製作所がイタリア・英国で鉄道の大型案件受注を重ねる
2023年度の交通システム分野は、100億円を超える大型受注案件が15件あり、2020年度の19件から4件減少した。
24/05/24 【ワールドウォッチ】 米ザクリーが連邦破産法(チャプター11)を申請
-ゴールデンパスLNGプロジェクトの、千代田JVパートナ-
5月9日の2024年3月期決算発表を延期した千代田化工建設だが、5月21日に米国で遂行中のゴールデンパスLNGプロジェクトのジョイントベンチャーパートナーであるザクリー・ホールディングスが米国連邦破産法第11条(チャプター11)を申請したと発表した。
24/05/24 【注目プロジェクト】 ルワイスLNGプロ、5月中に正式契約
-仏テクニップ~日揮グローバル~現地NPCCが建設-
UAEのADNOC(アブダビ国営石油)がルワイス地区に建設を計画しているLNGプラント(480万t/y×2系列)の建設プロジェクトは、5月中に正式に契約されるもよう。。
24/05/24 【エネルギー・化学】 日揮グローバル、2025年度に2件のLNGプロジェクトを受注へ
-パプアLNGとLNGカナダ第3・4系列-
日揮グローバルは2025年度に、2件のLNGプラント建設プロジェクトを受注する可能が高まっている。1件は、パプアLNG向けLNGプラントの建設プロジェクトで、FEEDは2023年に、日揮グローバルと米ベクテルの2社に発注された。
24/05/21 【エネルギー・化学】 荏原エリオット、SAF向け電動コンプレッサーを受注
-タイTTCLから、バンチャック向け-
荏原エリオットエナジーはこのほど、タイTTCLから現在、バンチャック社向けに建設中のSAF(持続可能な航空燃料)製造プラント向けモーター駆動のリサイクルコンプレッサーを受注した。
24/05/21 【交通システム】 ジャカルタ都市鉄道東西線、第1回目の円借款決定~1,407億円
-車両と信号が日本タイド~総延長84㎞を段階的に新設-
インドネシアのジャカルタ都市高速鉄道会社(MRTJ)は、ジャカルタ首都圏における都市高速鉄道(MRT)東西線新設プロジェクトのフェーズ1を、円借款による資金調達で実施する。
24/05/21 【電力】 イーレックス、イエンバイのバイオマス発電は今夏めど着工目指す
イーレックスはベトナム・イエンバイ省で計画中のイエンバイバイオマス発電所の建設について、今年夏をめどに着工を目指す。日本の環境省からの「令和5年度2国間クレジット制度(JCM)・資金支援事業のうち設備補助事業」の案件採択、ベトナム政府からの「第8次国家電源開発計画(PDP8)の実施計画」の承認に加え、イエンバイ省からの投資登録証明書(許可証:IRC)の授与など環境が整いつつある。
24/05/17 海外プロジェクト概況 −INTERNATIONAL PROJECTS SUMMARY−
《水処理・ごみ発電・都市開発分野》
■水処理分野
 東南アジア…ベトナム/カンボジア/シンガポール/フィリピン/インドネシア
 南西アジア…インド/パキスタン/バングラデシュ/スリランカ/ネパール/モルディブ
 中近東…イラク/サウジアラビア/バーレーン/UAE/ヨルダン/パレスチナ
 アフリカ…チュニジア/モロッコ/エチオピア/セネガル/カーボベルデ/ルワンダ/ケニア/ウガンダ/タンザニア/
 モザンビーク/マダガスカル
 北中南米…ニカラグア/パラグアイ/チリ
 大洋州…豪州/マーシャル諸島/パラオ/フィジー
 NIS等…ウクライナ/タジキスタン
■ごみ発電分野
■都市開発分野
24/05/14 【注目プロジェクト】 JFEエンジ、シンガポールS-SBR設備増強プロを受注へ
-旭化成現地法人が計画、既設プラントの実績を評価-
JFEエンジニアリングは、旭化成のシンガポール現地法人であるアサヒカセイ・シンセティック・ラバー・シンガポール社が計画するS-SBRプラントの増強プロジェクトを受注する。
24/05/14 【エネルギー・化学】 ADNOC、独EnBWとLNG供給契約を締結
-ルワイスLNGプロジェクトで-
ADNOC(アブダビ国営石油)はこのほど、ドイツの大手エネルギー企業であるEnBW Energie Baden-Wurttemberg(EnBW)と、年間60万トンのLNGを供給する契約を締結した。
24/05/14 【水処理】 丸紅、バングラで下水処理場のPPP契約締結に向けFS進める
丸紅は、バングラデシュのチョットグラム市の第6処理区における下水道整備・運営プロジェクトについて、PPP(官民連携)契約の締結を目指して事業化調査(FS)を進めている。
24/05/10 【エネルギー・化学】 MODEC・日揮グローバル、FPSOでGHG排出量定量化プロ完工
-日本企業で初、ブラジル沖で-
三井海洋開発(MODEC)と日揮グローバルはこのほど、MODECがチャーターサービスを提供するブラジル沖のFPSOにおいて、メタンを含む温室効果ガスの排出量計測・定量化プロジェクトを完了し、メタンなどの排出削減対策につながる結果をまとめた。
24/05/10 【電力】 英ソルトエンドガス火力発電所の天然ガス・水素混焼、FEED中
-2026年頃のFIDを視野/三菱重工が協力-
英トライトン電力は現在、英国・ソルトエンド発電所の天然ガス焚きガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)発電設備における天然ガス・水素混焼プロジェクトについて、FEED(基本設計)を推進している。
24/05/10 【交通システム】 バングラのダッカ5号北線新設、高架区間の土木工事で入札要請
-Jパワー~ガルフが出資する発電所-
バングラデシュのダッカ都市交通会社(DMTCL)はこのほど、バングラデシュの首都ダッカにおける都市高速鉄道(MRT)5号線北ルート新設プロジェクトについて、高架区間の土木工事「CP-03工区」の入札要請(RFP)を行った。入札締め切りは2024年7月22日の予定。 。
24/05/07 海外プロジェクト概況−INTERNATIONAL PROJECTS SUMMARY−
《エネルギー・化学分野》

■東アジア…中国/韓国
■東南アジア…ベトナム/タイ/マレーシア/シンガポール/インドネシア
■南西アジア…インド
■中近東…サウジアラビア/クウェート/カタール/UAE/オマーン
■アフリカ……エジプト/アルジェリア/モロッコ/セネガル/ナイジェリア/コンゴ共和国
アンゴラ/タンザニア/モザンビーク
■北中南米…カナダ/米国/ガイアナ/ブラジル/アルゼンチン/ペルー
■大洋州…豪州/ニュージーランド/パプアニューギニア
■欧州…英国/ドイツ/オランダ/ベルギー/ポルトガル/フィンランド/デンマーク/トルクメニスタン
24/04/23 【注目プロジェクト】 JERA、米CFインダストリーズとアンモニア製造で共同開発契約
-ルイジアナに世界最大級プラント、プロセスはウーデ法が有力-

JERAはこのほど、世界最大のアンモニア生産会社である米CFインダストリーとアンモニア製造について、共同開発契約を締結した。
24/04/23 【エネルギー・化学】 米Black&Veatch~韓サムスン重工業、FLNGプラントを受注
-カナダ初のFLNGプラント-

米Black&Veatch~韓サムスン重工業はこのほど、シダーLNGパートナーがブリティッシュ・コロンビア州キティマットに建設するFLNGプラントを正式に受注した。
24/04/23 【電力】 米ジャクソンガス火力発電所の天然ガス・水素混焼計画、検討中
-Jパワー~ガルフが出資する発電所-

電源開発(Jパワー)~タイ・ガルフエナジーデベロップメント(GED)は現在、ジャクソン発電所(米国・イリノイ州)における天然ガス・混焼を検討している。
24/04/19 海外プロジェクト概況 −INTERNATIONAL PROJECTS SUMMARY−
《企業別・受注・応札案件リスト》

IHI/伊藤忠商事/川崎重工業/神戸製鋼所/JFEエンジニアリング/住友商事
双日/千代田化工建設/東芝/東洋エンジニアリング(TOYO)/豊田通商
日揮グローバル/日鉄エンジニアリング/日立製作所/日立造船/富士電機
プライメタルズテクノロジーズ/丸紅/三井海洋開発(MODEC)/三井物産
三菱ジェネレーター/三菱重工業/三菱商事/三菱電機
24/04/16 【注目プロジェクト】 ベトナム、Thi Vai LNG基地(フェーズ2)年内に入札
-フェーズ1はまもなく完工-

ベトナムのペトロベトナム・ガスが進めるThi Vai LNGターミナル建設プロジェクトだが、年産100万トンのLNGターミナルは現在、韓サムスンC&Tが建設を進めており、まもなく完工する。
24/04/16 【エネルギー・化学】 日揮グローバル、GHG排出管理および削減手法の技術検討を完了
-マレーシア海上天然ガス生産設備で-

日揮グローバルはこのほど、エネルギー・金属鉱物資源機構(JOGMEC)の公募事業である「海外生産設備におけるメタンを含めたGHG排出管理手法および削減手法の技術検討・策定にかかる委託調査業務」に採択され、その業務の一環として、マレーシア国営エネルギー企業である、ペトロナスが保有する天然ガス海上生産設備を対象としたGHG排出管理および削減手法の技術検討を完了した。
24/04/16 【電力】 大宇建設~GEベルノバ、韓国・公州市ガス発電所建設工事受注
韓・大宇建設~米GEベルノバはこのほど、韓国西部発電会社(KOWEPO)から韓国・忠清南道で計画中の公州市ガス火力発電所の建設プロジェクトを受注した。
24/04/12 【エネルギー・化学】 キャメロンLNG増設プロ、まもなくFID
-EPCは米ベクテル-

米国ルイジアナ州で計画されているキャメロンLNGプラント増設プロジェクトだが、まもなくFID(最終投資決定)が下され、プラントのEPCは米ベクテルに発注されるもよう。
24/04/12 【電力】 三菱重工、香港・ラマ火力発電所13号機向けGTCC発電設備受注
-三菱ジェネレーターが発電機を担当-

三菱重工業はこのほど、香港電燈(HKE)が計画しているラマ火力発電所の13号機増設プロジェクト向けに天然ガス焚きガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)発電設備を受注した。
24/04/12 【交通システム】 五洋建~東亜建、バングラのマタバリ商業港土木工事で受注有力
五洋建設~東亜建設工業は、バングラデシュの南東部における「マタバリ(Matarbar)商業港開発プロジェクト」の港湾土木工事「パッケージ1」で受注が有力視されている。
24/04/09 【エネルギー・化学】 サウジARAMCO、Fadhiliガス処理設備増強のEPCを発注
-韓サムスンE&A~GS建設~現地Nesma & Partnersが受注-

韓サムスンE&A(旧サムスンエンジニアリング)~韓GS建設~現地Nesma & Partnersはこのほど、サウジアラビア国営石油会社(ARAMCO)からFadhiliガス処理設備増強設備の主要設備とオフサイトユーティリティを受注した。
24/04/09 【発電】 クウェート・アズールノース2・3IWPP、6月に事業権入札締切
-JERA、住商、アクワパワーなど5グループに入札要請-

クウェート官民連携事業省(KAPP)は、クウェートで計画中の独立造水・発電事業者(IWPP)による火力発電・海水淡水化プラント建設・運営プロジェクト「アズールノース・フェーズ2・3IWPP」について、6月30日に事業権入札を締め切る。
24/04/09 【ごみ電力】 丸紅~HZIなど、UAE・ごみ焼却発電事業のSPCを4月設立
-2027年の稼働開始予定-

丸紅~スイス・日立造船イノバ(HZI)~海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)は、アブダビ廃棄物処理公社(Tadweerグループ)と共同で、UAE・アブダビ首長国のごみ焼却発電(WTE)プラント建設・運営事業の特別目的会社(SPC)を今年4月に設立する。
24/04/05 海外プロジェクト概況 −INTERNATIONAL PROJECTS SUMMARY−
■製鉄・非鉄分野
 東アジア…中国/韓国/台湾
 東南アジア…ベトナム/タイ/インドネシア
 南西アジア…インド/
 中近東…イラク/サウジアラビア/バーレーン/UAE/オマーン/トルコ
 アフリカ…南アフリカ
 北中南米…カナダ/米国/メキシコ/ブラジル/チリ
 大洋州…豪州/ニュージーランド
 欧州…英国/フランス/ドイツ/ベルギー/オーストリア/ルクセンブルク/スペイン
 イタリア/スウェーデン/フィンランド/スイス/ポーランド/ハンガリー/ルーマニア/セルビア
 NIS…ウクライナ
■通信分野
■その他分野
24/04/02 【注目プロジェクト】 クラレ、シンガポールにエバールプラントを建設
-EPCはJGCアジア・パシフィックが有力-

クラレはかねてから、シンガポールで計画していたエバール製造プラントの建設について、FID(最終投資決定)を下した。EPCについては、日揮ホールディングスのシンガポール現地法人であるJGCアジア・パシフィック社の受注が有力視されている。
24/04/02 【ごみ発電】 日立造船イノバ~丸紅など、UAEの大型ごみ焼却発電事業受注
-2027年の稼働開始予定-

スイス・日立造船イノバ(HZI)~丸紅~海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)はこのほど、エミレーツ・ウォーター・アンド・エレクトリシティーカンパニー(EWEC)~アブダビ・ウェイスト・マネジメントセンター(Tadweer)から、UAE・アブダビ地区のごみ焼却発電(WTE)プラント建設・運営事業の契約を受注した。
24/04/02 【電力】 JERA~TAQA、SATORP向けサウジ・コジェネで契約
-SATORPのアミラル石油化学施設向け契約を獲得-

JERA~アブダビ国営エネルギー会社(TAQA)はこのほど、サウジアラビア国営石油会社(サウジアラムコ)と仏トタルエナジーズの合弁会社であるサウジアラムコ・トタルリファイニング・アンド・ペトロケミカル(SATORP)との間で、サウジアラビア・東部州ジュベイル地区におけるアミラルコジェネレーション(熱電併給)事業の電力・蒸気購買契約を締結した。
24/03/29 海外プロジェクト概況−INTERNATIONAL PROJECTS SUMMARY−
《交通システム分野》
■鉄道分野
アジア
中近東・アフリカ
米州・欧州・他
■空港分野
■港湾分野
■道路・橋梁分野
24/03/26 【交通システム】 DOTr、マニラ地下鉄の土木工事で3つの工区を入札評価中
-日本のゼネコンが多数応札-

フィリピン運輸省(DOTr)は、フィリピンのマニラ地下鉄整備フェーズ1で土木工事を行う「CP105」「CP108」「CP109」の3つの工区について、コントラクター選定を並行して進めており、現在は技術評価中だ。
24/03/26 【電力】 ピーターヘッドガス火力発電、FEEDフェーズ1は3月完了予定
-EPC選定などの次段階は英国政府の承認などを踏まえ前進へ-

英エス・エス・イー・サーマル(SSEサーマル)~ノルウェー・エクイノールは、英国・スコットランドでCO2回収システム併設型ガス火力発電所「ピーターヘッドカーボンキャプチャーパワーステーション」の建設プロジェクトについて、実施中のFEED(基本設計)のフェーズ1を3月にも完了する予定だ。
24/03/26 【ごみ発電】 ネシア・西ジャワのごみ発電事業、契約へ交渉中
住友商事~日立造船~インドネシアのエネルジア・プリマ・ヌサンタラ(Energia Prima Nusantara)は、インドネシア・レゴックナンカごみ発電事業について、正式契約に向けた交渉に入っているもよう。
24/03/22 【エネルギー・化学】 UAE・ルワイスLNGプロジェクト、2~3カ月以内に正式契約
-アーリーワークからEPCへ、JVの受注額は7,000億円-

UAEでADNOC(アブダビ国営石油)が計画するルワイスLNGプロジェクトだが、3月14日に、仏テクニップエナジーズ~日揮グローバル~現地NPCCのジョイントベンチャー(JV)にEPCのアーリーワーク業務が発注されたが、2~3カ月以内に正式なEPC契約が締結されそうだ。
24/03/22 【電力】 クウェート・ドーハウエスト発電所・海淡近代化、評価続く
クウェート電力・水・再生可能エネルギー省(MEWRE)が計画しているドーハウエスト火力発電所・海水淡水化プラントの火力発電設備の近代化工事では、コントラクターの決着に向けた評価が現在も続いている。
24/03/22 【交通システム】 インデックス等、ガーナ有料道路PPPで今年4Qに契約交渉開始へ
-新設44㎞高速道路と既存55㎞国道を一体で運営-

建設コンサルタント企業のインデックス(本社:東京都港区)~前田建設工業~ポルトガル・モタエンギル(Mota-Engil)~現地ストラテジックイニシアティブズ(Strategic Initiatives)は、西アフリカのガーナにおいて、有料道路のPPP(官民連携)プロジェクトを実施する。
24/03/19 【注目プロジェクト】 日揮グローバル、ルワイスLNGプロのアーリーワークを受注
-仏テクニップ・UAE・NPCCと共同-

日揮グローバルはこのほど、仏テクニップエナジーズ、UAE・NPCCと共同で、ADNOC(アブダビ国営石油)が計画するルワイスLNGプラント建設プロジェクトのアーリーワークを受注した。
24/03/19 【エネルギー・化学】 住友ケミカルシンガポール法人、SAP増設プロを受注
-住友精化シンガポール法人から-

住友精化のシンガポール法人であるSumitomo Seika Singapore Pte.Ltd.が240億円を投じてジュロン島で実施するSAP製造設備の増設プロジェクトは、住友ケミカルエンジニアリングのシンガポール法人であるSumitomo Chemical Engineering Singapore Pte.Ltd.が実施している。
24/03/19 【交通システム】 シンガポールCRL鉄道2期、203工区の入札を4月締切へ
-第二回目のPQに五洋建設・大林組等8G通過-

シンガポール陸上交通庁(LTA)は、シンガポール都市鉄道(MRT)クロスアイランド線新設プロジェクト・フェーズ2(CRL2)の土木工事の1つであるCR203工区の入札について、第2回目の事前資格審査(PQ)を行った。
24/03/15 海外プロジェクト概況−INTERNATIONAL PROJECTS SUMMARY−
《電力分野》
■東アジア…中国/韓国/台湾
■東南アジア…ベトナム/カンボジア/タイ/マレーシア/シンガポール/フィリピン/インドネシア
■南西アジア…インド
■中近東…サウジアラビア/クウェート/カタール/バーレーン/UAE/トルコ
■アフリカ…シエラレオネ/ナイジェリア/コンゴ民主共和国/モザンビーク/マダガスカル
■北中南米…カナダ/米国/ブラジル
■大洋州…豪州/ニュージーランド/パラオ
■欧州…英国/アイルランド/ドイツ/オランダ/スウェーデン/フィンランド~エストニア/ギリシャ~キプロス~イスラエル/ポーランド/チェコ/ルーマニア/ブルガリア/エストニア
■NIS…カザフスタン/タジキスタン/ウズベキスタン
24/03/12 【エネルギー・化学】 サウジSAN Ⅵ肥料プラントで入札延期
-日揮グローバル~TOYOなどが応札-

サウジアラビアのSABIC Agri-nutrients(SABIC AN)が計画する肥料プラントの入札は、1月31日に予定されていたが、入札は延期されたもよう。
24/03/12 【電力】 ウズベク・ナヴォイGTCC4号機増設、具体化の判断は今春以降か
-重工~米Zachryが受注-

ウズベキスタン・ナヴォイTPPが検討しているウズベキスタン・ナヴォイ火力発電所のガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)発電設備4号機の増設プロジェクトでは、具体化に向けた判断が今年春以降になるもよう。
24/03/12 【交通システム】 経産省、ドミニカ共和国の都市鉄道整備を支援~円借款を検討
経済産業省は、ドミニカ共和国における新たな都市鉄道整備計画である「サントドミンゴ・メトロ3号線新設プロジェクト」を支援する。
24/03/08 【注目プロジェクト】 LNGカナダ第3・4系列、具体化へ
-すでに主要ベンダーに引き合い-

LNGカナダが計画するLNGプラント建設プロジェクトは、現在、第1・第2系列(650万t/y×2系列)の建設が日揮グローバル~米フルアにより進められており、年内にも完工が予定されているが、引き続き、第3・第4系列の建設でFID(最終投資決定)が下される見通しで、一部ベンダーに機器の引き合いが出されはじめている。
24/03/08 【エネルギー・化学】 米で出光・商事計画のアンモニア製造プラントのFEEDを開始
-重工~米Zachryが受注-

米国のルイジアナ州レークチャールスで、出光興産~三菱商事が計画するアンモニア製造プラント建設プロジェクトでは、三菱重工業~米ZachryにFEEDが発注され、プロジェクトの検討が本格化した。
24/03/08 【電力】 JERA検討のベトナム・ギソンガス火力発電、2030年頃稼働視野
JERAは、ベトナム・タインホア省のギソンガス火力発電所建設・運営事業について、2030年頃の稼働開始を視野に入れて具体化を検討している。
24/03/05 【注目プロジェクト】 韓サムスンエンジ、マレーシアで計画のSAFプラントで受注有力
-Petronas、伊エニ、ユーグレナが計画-
24/03/05 【エネルギー・化学】カタールエナジー、LNG生産能力を年産1億4,200万トンに
-ノースフィールドウェストLNGプロジェクトを計画-
24/03/05 【交通システム】三菱重工など、マカオLRT・東線向け全自動無人運転システム受注
24/03/01 海外プロジェクト概況 −INTERNATIONAL PROJECTS SUMMARY−
《水処理・ごみ発電・都市開発分野》
■水処理分野
 東南アジア…ベトナム/カンボジア/フィリピン/インドネシア/東ティモール
 南西アジア…インド/バングラデシュ/スリランカ/ネパール/モルディブ
 中近東…イラン/イラク/サウジアラビア/バーレーン/UAE/ヨルダン/パレスチナ
 アフリカ…チュニジア/モロッコ/エチオピア/セネガル/カーボベルデ
      ケニア/ルワンダ/タンザニア/アンゴラ/モザンビーク/マダガスカル
 北中南米…ニカラグア/パラグアイ/チリ
 大洋州…マーシャル諸島/フィジー
 NIS等…ウクライナ/タジキスタン
■ごみ発電分野
■都市開発分野
24/02/27 【注目プロジェクト】 ADNOC、まもなくFID
-ルワイスLNGプロで、テクニップ~日揮グループが有力-

ADNOC(アブダビ国営石油)はまもなく、かねてからルワイス地区で建設を計画している480万t/y×2系列のLNGプラントの建設プロジェクトについて、FID(最終投資決定)を下すものと見られる。
24/02/27 【電力】 三菱重工、ウズベク・ナヴォイGTCC3号機向けLTSA獲得目指す
-ガスタービンのLTSA契約に向けて交渉中-

三菱重工業は2月にナヴォイ3号機向けガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)発電設備を受注したが、現在、ガスタービンの長期保守契約(LTSA)の受注も目指して、交渉中だ。
24/02/27 【特集】 シェル、LNG需要は2040年以降も増加すると発表
-LNGアウトルック2024を発表-

シェルはこのほど、「Shell LNG Outlook 2024」を発表し、「LNG需要は2040年以降も増加する」と発表した。
24/02/20 【エネルギー・化学】 ネシア・プスリ向け尿素プロで日本メーカーにも引き合い
-昨年11月に中ウーハンエンジニアリングがプラントを受注-
−昨年は「長崎カーボンニュートラルパーク」と「高砂水素パーク」を整備−

昨年11月、東洋エンジニアリング(TOYO)は、インドネシア国営肥料会社(ププク・スリウィジャヤ・パレンバン:プスリ社)向けに、南スマトラ社パレンバン地区に中ウーハンエンジニアリングが建設する肥料プラント向けには尿素ライセンスを供与する契約を締結したが、同プロジェクト向けには、日本メーカーもウーハンエンジニアリングから引き合いを受けている。
24/02/20 【電力】 ベトナム・カナGtPプロジェクト、事業権入札待ち中
-1,500MWのガス火力発電と年間150万トンのLNG基地-

ベトナム・ニントゥアン省で計画中のガス火力発電所と液化天然ガス(LNG)受入基地一体型のガス・トゥー・パワー(GtP)プロジェクト「カナLNGパワーセンタープロジェクト」では、現地政府当局による事業権入札待ちの状況が続いている。
24/02/20 【企業戦略】 MODEC、新社長に宮田副社長が昇格
-金森社長は会長に-

三井海洋開発(MODEC)はこのほど、宮田裕彦取締役副社長が代表取締役社長、金森健代表取締役社長が取締役会長にそれぞれ就任する人事を発表した。
24/02/16 【注目プロジェクト】 重工コンプレッサ、ターボ機器サプライヤーに
−加ダウ計画のネットゼロエチレン分解装置向け−

三菱重工業コンプレッサー・インターナショナル・コーポレーション(MCO−I)はこのほど、ダウケミカル・カナダがフォートサスカチュアンで計画する世界初のネットゼロエチレン分解装置向けターボ機械の供給に選定された。
24/02/16 【エネルギー・化学】 JFEエンジ、ネシアから塩ビ樹脂設備・タンク増設プロを受注
−東ソーグループとの良好な関係を継続−

JFEエンジニアリングのインドネシア現地法人であるPT JFEエンジニアリングインドネシア社はこのほど、東ソーと三井物産のインドネシア合弁であるPTスタンダード・トーヨー・ポリマー社から、ジャワ島西部のメラク地区向け塩化ビニル樹脂原料向け球形タンク増設プロジェクトのEPCを受注した。
24/02/16 【電力】 三菱重工、ウズベク・ナヴォイGTCC3号機増設向け発電設備受注
−三菱電機が発電機を供給−
 
三菱重工業はこのほど、ウズベキスタン国営発電会社が計画しているナヴォイ発電所のガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)発電設備3号機の増設プロジェクト向けGTCC発電設備を受注した。
24/02/13 海外プロジェクト概況−INTERNATIONAL PROJECTS SUMMARY−
《エネルギー・化学分野》

■東アジア…中国/韓国
■東南アジア…ベトナム/タイ/マレーシア/シンガポール/インドネシア
■南西アジア…インド
■中近東…イラク/サウジアラビア/クウェート/カタール/UAE/オマーン
■アフリカ……エジプト/アルジェリア/モロッコ/セネガル/ナイジェリア/コンゴ共和国
       アンゴラ/タンザニア/モザンビーク
■北中南米…カナダ/米国/ガイアナ/ブラジル/アルゼンチン/ペルー
■大洋州…豪州/ニュージーランド/パプアニューギニア/18
■欧州…英国/フランス/ドイツ/オランダ/ベルギー/ポルトガル/フィンランド/デンマーク
24/02/09 【新年インタビュー】 三菱重工業 土師俊幸常務執行役員・エナジードメイン長に聞く
−ロードマップ通りに進む、水素・アンモニア焚きガスタービン開発−
−昨年は「長崎カーボンニュートラルパーク」と「高砂水素パーク」を整備−

世界でトップクラスのガスタービン技術を持つ三菱重工業エナジードメイン。そこで現在進められているのが、次世代エネルギーとして期待される水素・アンモニアを利活用するための技術開発だ。
24/02/09 【交通システム】 五洋~東亜、バングラデシュのマタバリ商業港の土木工事に応札
−総事業費3,000億円以上−

五洋建設~東亜建設工業は、バングラデシュのチッタゴン港湾庁(CPA)がバングラデシュの南東部で実施する「マタバリ(Matarbar)商業港開発プロジェクト」の港湾土木工事「パッケージ1」に応札している。
24/02/09 【電力】 サウジ・ルマおよびナイリャフの4ガス火力発電事業、PQ実施
−JERA、丸紅、三菱重工、双日、住商、関電など参加−

サウジ・パワー・プロキュアメントカンパニー(SPPC)は、サウジアラビアで計画している4つのIPP(独立発電事業者)によるガス火力発電所建設・運営プロジェクト「ルマ1・2ガス火力発電所建設・運営事業」および「ナイリャフ1・2ガス火力発電所建設・運営事業」について、事業権入札に向けた事前資格審査(PQ)を実施した。
24/02/06 【新年インタビュー】 日揮ホールディングス 佐藤雅之代表取締役会長CEOに聞く
−「飛躍に向けた大きな一歩」を踏み出した日揮HD−

2024年3lでは、海外子会社のプロジェクトにおける追加費用の発生から粗利益率が悪化した日揮ホールディングス(HD)。しかし下期にはコンティンジェンシーの利益化などにより下期の業績改善が見込まれる。
24/02/06 【エネルギー・化学】 日本ゼオン、C4/C5プラント建設を再検討
−シンガポール・ジュロン島で−

日本ゼオンのシンガポール現地法人であるゼオン・ケミカル・シンガポール社はジュロン島にC4/C5の製造プラントの建設を計画している。
24/02/06 【水処理】 大林組~JFEエンジ、ジャカルタの6区下水処理場新設に応札
−先行の第1処理区に続き受注狙う−

大林組~JFEエンジニアリングはこのほど、インドネシアにおけるジャカルタ下水道整備プロジェクト第6処理区(Zone 6)フェーズ1の下水処理プラント新設(4万7,000/日)パッケージに応札した。
24/02/02 海外プロジェクト概況 −INTERNATIONAL PROJECTS SUMMARY−
■製鉄・非鉄分野
 東アジア…中国/韓国/台湾
 東南アジア…ベトナム/イ/フィリピン/インドネシア
 南西アジア…インド/
 中近東…サウジアラビア/バーレーン/UAE/オマーン/トルコ
 アフリカ…南アフリカ
 北中南米…カナダ/米国/メキシコ/ブラジル/チリ
 大洋州…豪州/ニュージーランド
 欧州…英国/フランス/ドイツ/ベルギー/オーストリア/ルクセンブルク/スペイン
 イタリア/スウェーデン/スイス/ポーランド/ハンガリー/ルーマニア
 NIS…ウクライナ
■通信分野
■その他分野
24/01/30 【新年インタビュー】 東洋エンジニアリング 細井栄治代表取締役社長に聞く
−多様なポートフォリオで多様な国の案件に対応−
−「事業ポートフォリオ委員会」を活用、グローバルにリソースを最適配置−

今期、期初に大型FPSO2件を受注し、期半ばで通期受注目標を達成した東洋エンジニアリング(TOYO)。幸先の良いスタートを切り、受注目標を上方修正した。
24/01/30 【注目プロジェクト】 テクニップエナジーズ、バンカリングLNGプロを受注内定
−オマーンMARSA LNG社から−

仏テクニップエナジーズはこのほど、オマーンのMARSA LNG社がソハール港で計画しているバンカリングLNGプラント建設プロジェクトを受注内定した。
24/01/30 【エネルギー・化学】 スペインTR~中SEGJV、サウジアラムコからNGL設備を受注
−総額33億ドル、戦略的契約後初の受注−

スペインTR(テクニガス・レユニダス)社~中SEG(シノペック・エンジニアリング・グループ)社のJVはこのほど、サウアジアラビアARAMCOからリヤスNGLプラントを受注した。JV内部の比率は、TRが65%で、SEGが35%。
24/01/26 【新年インタビュー】 千代田化工建設 榊田雅和代表取締役会長兼社長に聞く
−大型LNGプロの商談に慎重になるも、千代田の祖業はEPC−
−案件毎にリスク判断、人手不足にはグローバル体制を駆使して対応−

昨年初め、千代田化工建設はかねてから営業活動を行ってきた、カタール向けノースフィールドサウス(NFS)LNGプロジェクトの商談から辞退する決断を下した。
24/01/26 【エネルギー・化学】ADNOC LNG、ルワイスLNGプロジェクトをまもなくFID
−12月末に価格入札実施−

ADNOC LNG社が計画するルワイスLNGプロジェクトのFIDが近付いてきた。同プロジェクトはルワイス地区に480万t/yのLNGプラント2系列を建設するもの。
24/01/26 【交通システム】 印DRA等、インド高速鉄道のターネー車両基地建設を落札
−一部の機器を日本から調達−

同プロジェクトはルワイス地区に480万t/yのLNGプラント2系列を建設するもの。印DRA(Dineshchandra R. Agrawal Infracon)~デリーメトロ公社(DMRC)は、インドのムンバイ・アーメダバード間高速鉄道建設プロジェクト(MAHSR、全長約508㎞)のターネー車両基地(Thane)建設工事パッケージ「D1工区」(Package D1)を受注する。
24/01/23 海外プロジェクト概況 −INTERNATIONAL PROJECTS SUMMARY−
《企業別・受注・応札案件リスト》

IHI/伊藤忠商事/川崎重工業/神戸製鋼所/JFEエンジニアリング/住友商事
双日/ 千代田化工建設/東芝/東洋エンジニアリング(TOYO)/豊田通商
日揮グローバル/日鉄エンジニアリング/日立製作所/日立造船/富士電機
プライメタルズテクノロジーズ/丸紅/三井海洋開発(MODEC)/三井物産
三菱重工業/三菱商事/三菱電機
24/01/19 【新年インタビュー】 日本貿易保険 黒田篤郎代表取締役社長に聞く
−多様なスキームで複雑化するリスクに迅速かつ適切に対応−
−「LEADイニシアティブ」「SEEDスキーム」など、新商品も積極活用−

ロシアによるウクライナ侵攻に加え、昨年はイスラエル・パレスチナ紛争が激化、世界の地政学リスクは激変し、それに伴うリスクも拡大した。
24/01/19 【注目プロジェクト】 オマーンMARSALNG、再入札実施
−トタールエナジーが評価中、日揮グローバルなどが応札−

オマーンのソハール港にバンカリングLNGプラント(100万t/y)の建設を計画しているMARSA LNG社は計画中のLNGプラントの再入札を実施し、現在、評価中だ。
24/01/19 【エネルギー・化学】 INPEX~LSBインダストリーズ、KBR技術を採用
−ヒューストンに計画のブルーアンモニアプラント建設プロで−

INPEXとオクラホマシティに本社を置くLSBインダストリーズはこのほど、ヒューストンに建設を計画しているブルーアンモニアプラント建設プロジェクト向けライセンスを米KBRに決めた。
24/01/16 【新年インタビュー】 国際協力銀行 天川和彦代表取締役副総裁に聞く
−日本企業の海外事業への柔軟な支援を可能にしたJBIC法改正
−脱炭素化を強力に推進、ファンドを介した支援にも対応−
■JBIC法改正でサプライチェーンの強靱化などに対応
■世界の脱炭素化を支援
■国際連携も活発化、ウクライナ支援にも乗り出す
■ファンドを通じた支援など、多様化するファイナンスにも対応

昨年4月、国際協力銀行(JBIC)法が改正され、機能が強化されたことにより、JBICは日本企業の海外活動をより柔軟に支援できるようになった。
24/01/16 【注目プロジェクト】 三菱重工、ウズベク・ナヴォイGTCC3号機増設を受注
−ナヴォイTPPから−

三菱重工業はこのほど、ウズベキスタン・ナヴォイTPPが計画しているナヴォイ火力発電所のガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)発電設備3号機の増設プロジェクトを受注した。
24/01/16 【エネルギー・化学】 サウジアラビアSABIC AN、入札延期
−SAN6プロジェクト、1月31日に−

サウジアラビアのSABIC Agri-Nutrients Company(SABIC AN)は昨年12月末に予定していた、アンモニア・尿素による肥料プロジェクトの入札を今年1月31日に延期した。
24/01/12 【新年インタビュー】 2024年は国内の設備投資回復の潮目、中長期的な産業構造を見据えてDX・GXを推進
−官民150兆円を超えるGX投資の設備実装の担い手としてのエンジニアリング業界に期待−

脱炭素化を進めながら、GXを推進するのが、世界の大きな流れだ。経済成長と脱炭素化を同時に実現するGXは、わが国が推進する最重要の政策課題であり、これまでに培ってきた技術ノウハウにより、世界のインフラシステムの質的向上にも取り組む必要がある。
24/01/12 【注目プロジェクト】 UAE、ルワイスLNGプロジェクトで価格入札実施
−2グループが応札、まもなく決着へ−

UAEでADNOC GASが建設計画しているルワイスLNGプラント建設プロジェクト(480万t/y×2系列)の価格入札が実施され、2グループが応札した。
24/01/12 【エネルギー・化学】 豪ウォーリー、カルカシューパス2LNGプロを受注
−米ベンチャーグローバルLNG社から−

サウジ・パワー・プロキュアメントカンパニー(SPPC)は、サウジアラビアで4つのIPP(独立発電事業者)によるガス火力発電所建設・運営プロジェクト「ルマ1・2ガス火力発電所建設・運営事業」および「ナイリャフ1・2ガス火力発電所建設・運営事業」を計画している。
24/01/09 海外プロジェクト概況−INTERNATIONAL PROJECTS SUMMARY−
《交通システム分野》
■鉄道分野
アジア
中近東・アフリカ
米州・欧州・他
■空港分野
■港湾分野
■道路・橋梁分野
24/01/05 【エネルギー・化学】 引き続き底堅い、ガス関連プロジェクト
−燃料アンモニアプロジェクトの動きにも注目−
■エネルギー地政学の変化でガス関連プロジェクトに動き
■2024年もLNGプロで新たな動き
■2024年には燃料アンモニア案件にも注目
■日本の化学メーカーの進出案件にも注目
24/01/05 【電力】 電力分野、2024年もアジア・中東などのGTCC計画進展に期待
−水素焚きやCO2回収などの脱炭素化技術展開も本格化−
■ウズベク・東南アジア・中東の大型GTCC案件の動向に注目
■欧米では水素対応ガスタービンやCO2回収の案件に動き
■インドネシアなど地熱発電、HVDC計画などにも注目
24/01/05 【交通システム】 新興国の都市化と先進国のモーダルシフトで市場拡大
−日本は東南アジア・南アジアを深耕~TODに関心−
■インド新幹線でコントラクター選定が本格化
23/12/26 【交通システム】 タイ三空港間高速鉄道計画、新年1月にも着工
−車両は日立が応札の可能性−

タイで計画されている三空港間高速鉄道新設・運営プロジェクトは、事業契約の改訂に関する数年の交渉がようやく妥結し、2024年1月にも着工指示(NTP)が出される見通しだ。
23/12/26 【電力】 ベトナム・クアンニンGtPプロジェクト、具体化へ検討推進
東京ガス~丸紅~ペトロベトナムパワー(PVパワー)~機械生産・販売事業者のベトナム・コラビは現在、ベトナム・クアンニン省で計画中のガス・トゥー・パワー(GtP)プロジェクト「クアンニンLNGガスパワープロジェクト」について、事業の具体化に向けた検討を推進している。
23/12/26 【都市開発】 双日、ベトナム南部で新規工業団地を開発へ~新空港にアクセス
−カーボンニュートラル工業団地を目指す−

双日はベトナムの南部に位置するドンナイ省において、新規の工業団地「ロンドウック3」(Long Duc 3、以下「LD3」)を開発する。
23/12/22 【注目プロジェクト】 LNGカナダ、第2期計画を検討
−2025年にも着工へ−

2018年10月に、日揮グローバル~米フルアのジョイントベンチャーが受注したLNGカナダ社向けLNGプラント(年産700万トン×2系列)の建設プロジェクトを順調に進んでいるが、第2期計画も前向きに検討されているもよう。
23/12/22 【エネルギー・化学】 ルワイスLNGプロ、12月末に価格入札へ
−2グループが応札へ、早期に決着か−

UAEのADNOC LNG社が計画するルワイスLNGプラント建設プロジェクト(年産480万トン×2系列)だが、12月末に価格入札が行われる。
23/12/22 【電力】 英ピーターヘッドガス火力発電計画、EPCは2025年にも決定予定
−三菱重工~TR~ウォーリーがFEEDを実施中−

英エス・エス・イー・サーマル(SSEサーマル)~ノルウェー・エクイノールは現在、英国・スコットランドでCO2回収システム併設型ガス火力発電所「ピーターヘッドカーボンキャプチャーパワーステーション」の建設プロジェクトについて、EPC(設計・調達・建設)コントラクターを2025年にも決定する予定だ。
23/12/19 【エネルギー・化学】 サウジアラビアで大型アンモニア製造プラント計画が浮上
−SABICがホライゾンプロジェクトを計画−

サウジアラビアSABIC(基礎産業公社)は、ホライゾンと呼ばれる日産3,000トン規模のアンモニア製造プラントを計画しており、2024年にFEED入札が実施される見通しだ。
23/12/19 【企業戦略】 日揮グローバル、エキサイトシンガポール社と協業契約
−先端技術産業分野において、アジア4カ国で−

日揮グローバルはこのほど、独エキサイト社のシンガポール法人であるエキサイトシンガポール社と、東南アジア新興国における先端技術産業分野のEPCプロジェクトの受注・遂行に関する協業契約を締結した。
23/12/19 【交通システム】 三菱商事、フィリピン南北通勤鉄道の特急車両供給案件を受注
−約200億円~車両はスペインCAFが設計・製造−

三菱商事は、フィリピンの南北通勤鉄道整備プロジェクトのフェーズ2向けとなる特急鉄道車両の調達案件(CP-NS03パッケージ)をフィリピン運輸省(DOTr)から受注した。
23/12/15 海外プロジェクト概況−INTERNATIONAL PROJECTS SUMMARY−
《電力分野》
■東アジア…中国/韓国/台湾
■東南アジア…ベトナム/カンボジア/タイ/マレーシア/シンガポール/フィリピン/インドネシア
■南西アジア…インド
■中近東…サウジアラビア/クウェート/カタール/バーレーン/UAE/トルコ
■アフリカ…エジプト/ベナン/ナイジェリア/コンゴ民主共和国/モザンビーク
■北中南米…カナダ/米国/ブラジル
■大洋州…豪州/ニュージーランド/バヌアツ
■欧州…英国/アイルランド/ドイツ/オランダ/スウェーデン/ポーランド/チェコ/ルーマニア/エストニア
■NIS…カザフスタン/ウズベキスタン
23/12/12 【注目プロジェクト】 パプアニューギニアLNGプロ、2024年3月に入札へ
−日揮グローバル・米ベクテルがFEEDを実施−

米エクソンモービルがパプアニューギニアで計画しているLNGプラント建設プロジェクトは2024年3月に入札を実施する。
23/12/12 【エネルギー・化学】 千代田カタール法人、製油所改造プロのFEEDを受注
−ラファン製油所で、来年第2四半期にEPC入札へ−

千代田化工建設のカタール現地合弁である、千代田アルマナエンジニアリング(CAEL)はこのほど、カタールエナジーがラスラファンで操業するラファン製油所のポンプシールの修繕に関連する改造プロジェクトのFEEDを受注した。今後、来年第2四半期のEPC入札を目指して、FEEDが実施される。
23/12/12 【電力】 富士電機、米国・カリフォルニアの地熱発電計画の受注目指す
−米CTRの地熱発電・水酸化リチウム製造計画向け−

富士電機は、リチウム製造・再生可能エネルギー事業を手掛ける米コントロールド・サーマル・リソーシズ(CTR)が米国・カリフォルニア州で計画している地熱発電プラントの建設プロジェクトの受注を目指している。両社はすでに、地熱発電設備の供給などに関する覚書(MOU)を締結している。
23/12/08 【電力】 TOYOネシア法人のIKPT~東芝ESS、ネシアの地熱受注へ
−ジャワ島の地熱発電計画−

東洋エンジニアリング(TOYO)のインドネシア法人であるIKPT~東芝エネルギーシステムズ(東芝ESS)は、インドネシア・ジャワ島で計画中の地熱発電所プロジェクトを受注する。プロジェクトは、インドネシアの電力会社であるジオ・ディパ・エナジ(GDE)は、ディエン地熱発電所(55~60MW:セントラルジャワ)あるいはパトゥパ地熱発電所(55~59MW:ウエストジャワ)の拡張プロジェクトと見られる。
23/12/08 【エネルギー・化学】 TOYO、タイからアセチレンブラック製造設備を受注
−デンカSCGCアドバンスト・マテリアルズから−

東洋エンジニアリング(TOYO)はこのほど、日本のデンカとタイのSCGケミカルズの合弁企業であるデンカSCGCアドバンスト・マテリアルズ社からアセチレンブラック製造設備の設計・調達業務を受注した。
23/12/08 【交通システム】 シンガポールCRL鉄道フェーズ2、電力設備で1月に入札締切
シンガポール陸上交通庁(LTA)は、シンガポール都市高速鉄道(MRT)クロスアイランド線新設計画フェーズ2(CRL2)の電力供給設備供給パッケージ「CR153」について、2024年1月18日に入札を締め切る予定。2023年10月初旬に公示していた。
23/12/05 海外プロジェクト概況 −INTERNATIONAL PROJECTS SUMMARY−
《水処理・ごみ発電・都市開発分野》
■水処理分野
 東南アジア…ベトナム/カンボジア/フィリピン/インドネシア/東ティモール
 南西アジア…インド/バングラデシュ/スリランカ/ネパール/モルディブ
 中近東…イラン/イラク/サウジアラビア/バーレーン/UAE/ヨルダン/パレスチナ
 アフリカ…チュニジア/モロッコ/エチオピア/セネガル/カーボベルデ
      ケニア/ルワンダ/タンザニア/アンゴラ/モザンビーク/マダガスカル
 北中南米…ニカラグア/パラグアイ/チリ
 大洋州…マーシャル諸島/フィジー
 NIS等…ウクライナ/タジキスタン
■ごみ発電分野
■都市開発分野
23/12/01 【注目プロジェクト】サウジARAMCO、2024年初にもコントラクターを決定
−Fadhiliガス処理設備増強プロジェクトで−

サウジアラビア国営石油会社ARAMCOは現在、商談を進めている総額15億ドルのFadhiliガス処理設備増強プロジェクトのEPCコントラクターを2024年初にも決める。
23/12/01 【エネルギー・化学】ネシア・チャンドラアスリ社、エチレンコンプレックス計画を断念
−苛性ソーダとEDCプラントを建設へ−

インドネシアのチャンドラアスリ社は、西ジャワのチレゴン地区にエチレンコンプレックスを建設する計画を進めていたが、断念したもよう。その代わりに、ワールドスケールの苛性ソーダプラントとEDCプラントの建設を前向きに検討している。