ピックアップ

予約案内:

 「全国新工場・プラント計画2020年版」は小社が発行している定期紙媒体「工業設備新報」(週2回発行)とメールマガジン「Fcnews」(土・日・祝除く毎日発行)編集部が取材した国内設備投資プロジェクトを集約したものであり、国内の動向を概観する格好の資料集です。
 日本国内の新工場建設計画やプラント増設計画を表形式で見やすく整理し、多様な業種の営業資料にご活用いただける一冊です!

2019年4月7日発刊予定
B5判上製 約310ページ
本体価格:15,000円+税

⇒4月7日まで予約特価13,500円+税

予約案内:

 ご好評を頂いております『プラント輸出データ便覧』。今年も最新版の『プラント輸出データ便覧 2020年版』を発刊します。
 今後も期待が大きい海外のプラント・インフラ関連ビジネスでチャンスを獲得するためには、精度が高く体系的な情報の入手が欠かせません。海外プラント・エンジニアリング案件が体系的に分類・整理されております、本書を皆様の経営・営業資料としてご活用いただければと存じます。

2020年3月18日発刊予定
B5判上製 約290ページ
本体価格:14,000円+税

⇒3月18日まで予約特価12,600円+税

★キャンペーン中★ お得な「2020年版 石化2点セット」

  セット価格 62,000円+税 ※2019年12月末日まで♪

『2020年版 日本の石油化学工業』11月8日発刊

    B5判 上製本 本文751頁
    定価 28,000円+税

『2020年版 アジアの石油化学工業』12月16日発刊

    B5判 上製本 本文約576頁
    定価 37,000円+税
新刊案内:

 本書は、東は韓国から西は中東のサウジアラビア~トルコまで、北は中国から南はオーストラリア~ニュージーランドまでの21カ国を対象に、それぞれの主要経済指標や石油化学工業の現況と将来計画、需給動向や原料事情について詳細にとりまとめております。とりわけ各国・地域の石化製品生産能力と今後の新増設プロジェクトについては、プラント情報で60年の蓄積を活かした当社特有の一覧表に大きな特徴があり、アジアの「石化事情」がこの1冊で手に取るようにお分かりいただけます。

2019年12月16日発刊
B5判上製 756ページ
本体価格:37,000円+税

新刊案内:

 日本の石油化学工業の現状と今後の展望を具体的な企業活動や製品ごとの動向から捉えることを目指して編集されており、1962年の創刊から今年度2020年版で58回目の発刊を迎えます。この間“赤本”として日本の石油化学工業関係者の皆様に親しまれ、そのデータ性に高い評価をいただいてまいりました。グローバル化する石油化学工業界において日本の現状を押さえる本書の果たすべき役割はより高まっていくはずです。

2019年11月8日発刊
B5判上製 751ページ
本体価格:28,000円+税

重版出来:

 日本主導で世界GDPの8割をカバーする諸国の合意形成を達成したG20大阪サミット、エネルギー回収のLCA評価など、最新動向を増補!
幅広い国内有識者へのインタビュー、科学的知見、統計データを駆使し、海洋プラごみ問題をファクトベースで明らかにする必携書!

2019年9月30日発刊
B6判 並製 295ページ
本体価格:1,600円+税

AMR アジア・マーケットレヴュー:

 少子化と高齢化がもたらす「圧倒的な人手不足」に対する日本企業の危機感は強烈だ。今年4月に始まった新たな外国人労働者受け入れを図る「特定技能制度」も、11月8日時点で在留資格を得た外国人はわずか895人に留まり、軌道に乗ったとは言い難い状況にある。今年度の見込み数が4万7,000人であることを考えると、半年間で達成率はわずか2%程度だ。
 人手不足が深刻化するなかで、外国人労働者を集める業者も雨後の竹の子のように増えたものの、問題の抜本的な解決にはつながらないことが多いうえ、一人当たりコストは高く、トラブルが発生するケースすら少なくない。
 こうした状況にしびれを切らし、日本企業のなかには自らアジアに拠点を設立し、人材募集から教育、国内での採用まで、自社で行う取り組みが増えてきた。

ENN エンジニアリング・ネットワーク:

 三井E&Sホールディングスが、インドネシアの石炭火力発電 プラントの建設プロジェクトで多額の損失を計上した。2017 年3月期決算で、日揮が米国のエチレンプロジェクトで赤字を計上して以来、4期連続で、わが国のエンジニアリング業界から多額の下方修正を計上する企業が連続して出ている。2020 年3月期においても、三井E&Sホールディングスがインドネシアの石炭火力発電プラントで多額の損失を計上した。連続する多額損失は業界全体の社会的な信頼を揺るがしている。すべての企業が黒字化するのはいつの日になるのか。

新エネルギー新報:

 定置型の固体酸化物形燃料電池(SOFC)を「Bloomエナジーサーバー」として展開するブルームエナジージャパン。アメリカ航空宇宙局(NASA)のプロジェクトで開発された技術を元にする米国ブルームエナジーと、ソフトバンクグループが折半出資している。これまで日本国内で着実に約2.3MWの実績を積み上げてきたが、韓国ではこの4倍となる8MW規模を受注し運転開始した。受注の経緯や韓国の環境、得られた成果などを、事業企画本部営業管理部の松本南應氏に聞いた。