ピックアップ

予約案内:

 油空圧機器をはじめモータや直動機器など、機械の動作を制御するモーション(ドライブ)コントロール機器/システム業界の企業動向を中心に、その需要先である各種産業機械業界主要各社の情報(生産品目、業績、投資関連など)および業界の主要統計を掲載。産業のグローバル化に合わせて海外有力企業の動向も引き続いて掲載し、機械業界の今のトレンドを捉え、将来を見通す一助となるよう編集いたしました。
 これら市場の情報および企業情報を定点観測する書籍は世界的にも稀であり、経営、営業、投資等の資料としてご活用ください。

2019年9月9日発刊予定
B5判 並製 約480ページ
本体価格:16,000円+税

⇒9月9日まで予約特価10%OFF 14,400円+税

新刊案内:

 日本企業のアジア投資状況を、各種データと実例を紹介・分析した一冊です。
 各国の経済状況と市場分析に加え、2018年度(2018年4月~2019年3月)の日本企業による投資実例(拠点の新設・増設、買収・出資、解散・売却)をリストとして掲載しております。
 付属のCD-ROMには、過去6年分の投資実例をExcelデータにて収録しており、多角的なデータ分析ができるようにいたしました。経営・営業の指針策定にご活用ください。

2019年7月16日発刊
B5判 並製 379ページ
本体価格:18,000円+税

新刊案内:

 需給実績、価格推移がひと目でわかる、「化学ウォッチャー」必携の書
 主要製品の解説や化学・プラント関連略語の解説、主要製品の用途と原料、原単位、価格推移、定修表のほか、エチレンから中間原料、合成樹脂、合成ゴムに至る54品目の製造プロセスを図式化、また主要34品目の生産能力については世界ランキングを表記、各メーカーのグローバルな位置関係が把握できます。

2019年6月28日発刊
B6判ビニールレザー貼り 508ページ
本体価格:9,000円+税

新刊案内:

 本書は、海洋プラごみ問題に関わる多くの関係者のなかでも「プラスチック資源循環戦略」の策定議論に携わった方々へのインタビューを通じて、問題解決の道を探る材料を提供することを目指しました。ネットに氾濫する誇張された情報に惑わされることなく、海洋プラスチック問題をファクトベースで考えるためにお役立ていただければ幸いです。

2019年4月22日発刊
B6判 並製 288ページ
本体価格:1,600円+税

新刊案内:

 「全国新工場・プラント計画2019年版」は小社が発行している定期紙媒体「工業設備新報」(週2回発行)とメールマガジン「Fcnews」(土・日・祝除く毎日発行)編集部が取材した国内設備投資プロジェクトを集約したものであり、国内の動向を概観する格好の資料集です。
 日本国内の新工場建設計画やプラント増設計画を表形式で見やすく整理し、多様な業種の営業資料にご活用いただける一冊です!

2019年4月8日発刊
B5判 並製 305ページ
本体価格:15,000円+税

新刊案内:

 ご好評を頂いております『プラント輸出データ便覧』。今年も最新版の『プラント輸出データ便覧 2019年版』を発刊しました。
 今後も期待が大きい海外のプラント・インフラ関連ビジネスでチャンスを獲得するためには、精度が高く体系的な情報の入手が欠かせません。海外プラント・エンジニアリング案件が体系的に分類・整理されております、本書を皆様の経営・営業資料としてご活用いただければと存じます。

2019年3月18日発刊
B5判 並製 284ページ
本体価格:14,000円+税

新エネルギー新報:

<企業インタビュー>
 ・スマートソーラー
 ・エヌ・ピー・シー
 ・みんな電力
 ・エナリス
 ・アカシア・リニューアブルズ
 ・デジタルグリッド

ENN エンジニアリング・ネットワーク:

 RANKING2019 市場環境良好も、厳しい業績 大手ゼネコンと特徴あるメーカーが好調
 世界のコントラクター
 <専業エンジニアリング> <総合重機>
 <重電> <鉄鋼大手>
 <総合建設> <機械系エンジニアリング>
 <ユーザー系エンジニアリング> <大手工事会社>
 <機器メーカー>

AMR アジア・マーケットレヴュー:

 2019年上半期のアジア投資は前年比でやや減速した。低迷する外需により経済成長が鈍化していること、大型選挙が相次いだことなどが影響したとみられる。一方で、内需は底堅く、中長期的視野からの投資が継続した。
 日本企業の投資も抑制的なものとなったが、インフラやエネルギー不足は依然として存在することから、物流関連や電力・ガス分野での投資が増加した。
 今期のトピックとしては、米中貿易戦争の影響、電気自動車やハイブリッド車に関する投資が本格化したことが挙げられる。米中貿易戦争の影響としては、ベトナムへの投資が拡大。