ピックアップ

新刊・キャンペーン特価案内:

♪お得なキャンペーン特価&予約受付中♪
  ※2021年12月末日まで~お早めに!!

★「2022年版 石化2点セット」価格 71,500円(税込)
=2022 日本の石油化学工業+2022 アジアの石油化学工業

 →2022年版 石化2点セット 特価 68,200円(税込)


★「最新版 石化3点セット」価格81,400円(税込)
=2022 日本の石油化学工業+2022 アジアの石油化学工業
  +化学品ハンドブック2021

   →最新版 石化3点セット 特価 77,000円(税込)


 『2022年版 日本の石油化学工業』11月10日発刊予定

    B5判 上製本 本文約750頁 定価 30,800円(税込)

 『2022年版 アジアの石油化学工業』12月16日発刊予定

    B5判 上製本 本文約580頁 定価 40,700円(税込)
新刊案内:

 油空圧機器をはじめモータや直動機器など、機械の動作を制御するモーション(ドライブ)コントロール機器/システム業界の企業動向を中心に、その需要先である各種産業機械業界主要各社の情報(生産品目、業績、投資関連など)および業界の主要統計を掲載。産業のグローバル化に合わせて海外有力企業の動向も引き続いて掲載し、機械業界の今のトレンドを捉え、将来を見通す一助となるよう編集しました。


2021年9月30日発刊
B5判 並製 481ページ
定価:17,600円(税込)

⇒10月末日までキャンペーン特価 → 特価16,000円(税込)

新刊案内:

 日本企業のアジア投資状況を、各種データと実例を紹介・分析した一冊です。
 各国の経済状況と市場分析に加え、2020年度(2020年4月~2021年3月)の日本企業による投資実例(拠点の新設・増設、買収・出資、解散・売却)をリストとして掲載しております。
 付属のCD-ROMには、過去8年分の投資実例をExcelデータにて収録しており、多角的なデータ分析ができるようにいたしました。経営・営業の指針策定にご活用ください。

2021年7月12日発刊
B5判 並製 371ページ
定価:19,800円(税込)

新刊案内:

 需給実績、価格推移がひと目でわかる、「化学ウォッチャー」必携の書
 主要製品の解説や化学・プラント関連略語の解説、主要製品の用途と原料、原単位、価格推移、定修表のほか、エチレンから中間原料、合成樹脂、合成ゴムに至る54品目の製造プロセスを図式化、また主要34品目の生産能力については世界ランキングを表記、各メーカーのグローバルな位置関係が把握できます。

2021年6月30日発刊
B6判ビニールレザー貼り 本文 約510ページ
定価:9,900円(税込)

Kindle版 発売中:

 日本主導で世界GDPの8割をカバーする諸国の合意形成を達成したG20大阪サミット、エネルギー回収のLCA評価など、最新動向を増補!
幅広い国内有識者へのインタビュー、科学的知見、統計データを駆使し、海洋プラごみ問題をファクトベースで明らかにする必携書!

2020年4月10日発売
購入方法:Amazon Kindleストアのみで販売中

ENN エンジニアリング・ネットワーク:

 11月17日から19日までの3日間、東京ビッグサイトの南展示棟で「INCHEM TOKYO 2021」が開催される。1966年から続く、歴史のある展示会だが、今回の統一テーマは「DXと低炭素技術が拓くイノベーション」。
 7つの専門展示会で構成されるが、産業界は今、DX化と低炭素化に進む。こうした中で、伝統あるプロセス産業は時代の流れにいかに対応するか。プロセス産業の現在地を知る上でも、重要なイベントとなる。

新エネルギー新報:

 車両や船舶、飛行機といった陸、海、空のモビリティの駆動源に用いられるバイオ燃料は、大規模生産・製造の低コスト化などに向け、様々な技術開発が行われている。一方で、車両向けのバイオディーゼル燃料などの導入や販売にも様々な企業がすでに注力しているほか、一部では民間航空会社が定期便のフライトなどでバイオ燃料を使用し飛行を行ったケースもあり、また船舶燃料もバイオ燃料による航行試験を日本企業が国内外で実施している。日本としてのカーボンニュートラル実現、また運輸部門の国際的な機関による環境規制強化への対応などに向けて、バイオ燃料生産の研究開発が進められるとともに、より実用的な形でバイオ燃料を新たに活用する事例が少しずつではあるが出始めた。

AMR アジア・マーケットレヴュー:

 アジアにおける機械市場が盛り上がりを見せている。コロナ禍からの回復局面のなかで、昨年下半期から中国を中心に成長が続いており、IoT化やFA化の流れのなかで、日本製のアドバンテージが評価された結果である。
 足元では中国経済の沈静化に伴い、一部で減速感も見られるが、ASEANやインドで機械化・自動化が大きなテーマとなっていることから、今後も機械市場が盛り上がっていくことは間違いない。
 これに伴い、日本メーカーの取り組みも活発化しており、現地での生産も強化も含めた動きが活発化し始めている。