ピックアップ

★キャンペーン中★ お得な「2019年版 石化2点セット」

  セット価格 62,000円+税 ※2018年12月末日まで♪

  

  『2019年版 日本の石油化学工業』11月9日発刊

    B5判 上製本 本文746頁
    定価 28,000円+税

  『2019年版 アジアの石油化学工業』12月17日発刊予定

    B5判 上製本 本文約580頁
    定価 37,000円+税
新刊案内:

 日本の石油化学工業の現状と今後の展望を具体的な企業活動や製品ごとの動向から捉えることを目指して編集されており、1962年の創刊から今年度2019年版で57回目の発刊を迎えます。この間“赤本”として日本の石油化学工業関係者の皆様に親しまれ、そのデータ性に高い評価をいただいてまいりました。グローバル化する石油化学工業界において日本の現状を押さえる本書の果たすべき役割はより高まっていくはずです。

2018年11月9日発刊
B5判上製 746ページ
本体価格:28,000円+税

新刊案内:

 長年ご愛顧いただきました隔年刊『フルードパワー工業総覧』を『産業機械工業年鑑』と改称、内容も従来のフルードパワー機器に加え、モータや直動機器なども含めたモーション(ドライブ)コントロール業界を中心に、そのユーザー業界の情報も盛り込んだ年鑑本としてリニューアル発刊しました!

2018年9月10日発刊
B5判並製 本文474頁
本体価格:16,000円+税

AMR アジア・マーケットレヴュー:

 トランプ大統領が今年3月、中国の知的財産権侵害に対する制裁関税を表明してから8カ月が経とうとしている。その間、米国による鉄鋼・アルミ製品30億ドル分への追加関税から始まった制裁と報復の応酬は、その対象を拡大。米国による中国製品に対する制裁関税の対象は2,530億ドル分、中国による米国製品に対する追加関税は530億ドル分にまで引き上がった。
 「口だけの脅しではないか」「すぐに沈静化するだろう」という希望的予想に反し、激化する一連の動きは「貿 易摩擦」から「貿易戦争」へと呼び名を変え、その影響はついに中国の実体経済の悪化、ひいては世界経済の鈍化リスクとして捉えられるようになった。

ENN エンジニアリング・ネットワーク:

 温暖化ガスであるCO2排出ができなくなった今、これからの発電は再生可能エネルギーを火力が補完することになる。この新しい発電方法に向かって、発電プラント建設も大きく変わり始めている。再生可能エネルギーの発電プラント建設にエンジニアリング企業が取り組み、国内では市場を限定されてきた海外メーカーがプラントを供給するようになった。
 この動きの中で、発電プラント建設にはニューヒーローが生まれている。

新エネルギー新報:

 IoT技術の導入やエネルギーマネジメントシステム(EMS)によるエネルギー利用状況の見える化などで、エネルギーの適切管理を行うことは、ムダなエネルギー利用の気付きなどにつながり、企業の省エネ推進やエネルギーコスト削減といった効果・成果が期待できる。それだけでなく、エネルギー管理を通じ、工場設備や家電のエネルギー利用状況も含む稼動状態などのデータをビッグデータとして取得し、それらを加工・分析して新たなサービス創出に繋げようとする企業もいる。また、パリ協定の締結など各国に対する温暖化対策推進の要請の声が大きくなる中で、適切なエネルギー管理・省エネの実施は、企業単体でのコスト削減やエネルギー有効利用への取り組みだけにとどまらず、日本企業や政府が国際社会から求められている活動でもある。